読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりPC(第2幕)

真実は自分だけが知っている

バイ・モードと逆さマトリョーシカと2

両価的で、あるいは、認知的不協和を誘う様な、相反した価値の渦に閉じ込められるのは、私の周囲においては、古くは弁証法イジメと呼ばれたものだ。

 

価値観ジャックとは、中学生(厨房と言うと女子中学生のスポーツ・ブラみたいだと気がついたので止める)の頃聴いたが、相反した価値の渦による背景接触が社会人大学でも、時折、起こった。これは価値観ジャックのもっと劣悪なものだが何と呼ぶか考えている。

 

(アメリカの古いSF映画で未来人や宇宙人に地球の歴史を再教育されるシーンなどで、一気に人類の文明発展をたどる映像を何の変哲もない主人公が見せられているシーンにも似て、ビックリするくらい濃厚な言葉や、意味の凝集度が高密度の概念などを集団で口々に連続で囁き、空ぶかしにぶつけ、を頻繁に発生させるのに似ている。例えば途中で水爆実験のきのこ雲が写ったりとかしながら走馬灯のように何百年、何千年が流れていく。この映画のシーンを現実に再現するかのように周囲で複数名で一気にまくし立てられたことがあるよ。まぁ予備校だけどね。こう言うのはトラウマ級にもなり得る。それで絵については自分で解決するまで引きずった。早く追い出したかったにせよ、へー、そんな事できるのか、と当時はそのチームプレイに心底驚いた。それよりはもっと牧歌的でもあるが、しかし社会人大学のネタはリアルに憎き精神医療だ。)

 

ペルー大使公邸事件の人質と言う触れ込みの講師による社会科学概論の授業と、件のハロペリドール支持者である村上雅昭の精神保健、精神保健福祉ワーカーについての援助技術論(なんと言う授業か失念した)やゼミなどを持っていた久保美紀助教授(当時)、などの周りでである。

 

要するに、例えば、授業中や講義の合間に大講堂などで、周囲の社会人学生などが、”村上先生はイスラム教徒!?”などと囁いていたりした。

(これは慶応の周りの華僑と言う意味かな?)

 

また社会科学概論では、これも相反した価値をぶつける人で、反人種差別主義的な風なことを言うが、また同時に熱烈な体制擁護論者でもあったりした。

 

もう忘れたが、南米の原住民のトウモロコシが、アメリカの品種改良した収穫量や糖度においてともに高スコアのハニーバンタムより美味しいと噂だの、日本では元々地域にあった二毛作をしていたのに、アメリカの圧力でそれを放棄したのだ、などと言うかと思えば、左翼ゲリラの処刑方法や非道を説明しようとしたりしていなかったか?よく覚えていないが。

(それでアメリカの主導する国際的な農作物の生産分業にまで話が及ばなかったので、始末が悪いと言うか、それは大学生にしてみれば常識だったのかな?と気味悪さも残る。)

 

今思えば、憎き感情のカオスを作って苦しめる派閥だから、当時は、イタリア人に抱えられている派閥と言う認識でだまって講義を聴いていた。まぁ、海外に出るに際してボディーガードをつけなくちゃ駄目だなんていう人をさらし者にする気は無いが、なんだこの人も創価学会かと、一瞬、疑った。現在どういう事をしていらっしゃるのかまったく存じませんが。

 

久保美紀助教授(当時)の授業はだな。例えば、認識論的なことを言えば因果論にこだわる精神分析学はおかしい、だの通用しないだの授業で教えている。現在の英米の精神保健福祉では精神分析を否定していると説明していたかな。すべて投薬治療ですよ、と。

 

すると、周囲で社会人学生が、医者が治療して患者が治ったかどうか、は少なくとも因果関係と言えるのじゃないか?とやっている。

 

それでイタリア人が憎たらしい俺を前に授業はかまわず、日本の精神病患者は悲惨だと言われている、だとかやっているから頭に来たね。

 

 

他にもあったと思います。他の精神科医の授業でも、うつ病SSRIを絶賛しながら説明をしている傍から、社会人学生などが、水虫の薬?とか周囲でやっている。後に自分で気が付いたが、抗ヒスタミン剤プロザックの元だったとか、そんなことだろうね。水虫にも効く市販薬にかゆみ止め成分で入っていることがあるよ。

 

それを思い出したのは、テクノロジー犯罪のNPOを覗く少し前だから、2001年とか2002年のことを、その頃になって、2015年以降に思い返しながらネットで該当事例を見つけていたことになるね。その前に2004年頃の主治医にあの薬じゃうつ病なんて言うほど治らない、と教えてもらったから、その影響もあるだろうけど。

 

(こう言うわけだから、リスパダールは、記憶自体は逝かれない。ただ、思い出す機構が止められてしまうし、その当時、神経が遮断されて思考が進まなかったのは、ご覧のとおりだ。)

 

まぁ、その時々で、それぞれの意見に憑依して、さも自分の意見かのように掲示板に書き込んで居たこともあったような気がするが、今となっては良いウォーミング・アップだったかな。

 

まぁ、他の教授でもそんなことはあるね。特に私は科学の方法論についてはそんなに説明をしてもらっていない。しかし、何の関係もない授業で説明の為に合間に科学の方法論に関るテーゼが多少飛んだりして、馬鹿にされてるなぁ、とがっかりしていた。例えばその教授は社会福祉学科の母とか言われていたよ。いくつになってもどんな分野でも、どことなく女の授業はピーピングショットに似ているな、とその時本気で思ったね。たぶん、本能的なものだね。まぁ、でも、それはすべて保健福祉系の4年制大学で、所定のコースが決まっており、一般の4年制大学のようにすべてバイキング方式でもないからだ。多少は好みの講義を聴けたが、ほとんど資格を取る為の専門学校に近く、また、私は患者だと薄々ばれていて、本当の専門職の授業をはぶにされたので、レベルが低い授業しか知らないと言う事情によるのだろう。

 

裏口かと言うと、そう言えば、入学試験と言うことで、レポートを一枚、小論を書いたが、1000字くらいだったかなぁ、途中で結論が書けなくて尻切れトンボなのに受かったね。一人二人だれか社会人を蹴落として。まだパソコンは持っていなかったよ。まぁ、でも、面接や自己紹介文などで、身体障害者もいたお絵かき教室に行ったことがある、とか適当ならしいことを言ったからだろう。

 

裏口と言われてもレベルは低いし、勉強して身になっている所などは、すべて自分の努力なのだから、何と言われてもいいよ。大して自慢になる経歴じゃないので。中で心理学やメディアのことを調べようとして煙たがられて追い払われただけだね。最初にアカハラについて教えられてからアカハラを受けただけ。大学のカウンセラーは俺の話を内容はまったく聞かないで池沼を見るみたいに哀れんだので、逃げ出した。一度、腹痛についてだったか聞きに行ったのだけど、話がそれて精神科の話に誘導しようとしていた風だったね。俺は東大の精神科医と7年半問答をするくらいの猛者なので、明治学院大学のカウンセラー程度まったくもって幼稚園保育園(!)の保母さんだ。

 

確か慈恵第3病院の外科でケツにトラブルが起きた時の代診の医者が、ここの男性カウンセラーの顔にそっくりだったので、同じ宗教派閥かと思ったね。ただし、ここの男性カウンセラーは4年間の間で2度ほど、俺と目が合うと背ける真似をしていたよ。こんなのがあります。ただしお前は除外、みたいな他の精神科医のやり方と同じだったので、まったく接近しなかった。なんて言うか、港川タイプと言うか華僑タイプと言うか、そんなのの一部だね。ひげ面だったかな。料理の鉄人みたいな。

 

 なんか華僑とか創価とかだろ。ほとんど。予備校から社会人大学から、海外旅行時の関西人から。

 

 

 ※やっぱり修正入った。16:25

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイリンガルぶっている華僑こそが日本人の敵だと思いますね。

我々は別に、いつユビキタス社会が訪れるのか?などと純朴に待ちはしない。

(資本主義世界では商品経済を通してこれを実現するので、民間主導でなければ本来的におかしい。)

 

また、私は、いつ不気味の谷を越えるロボットが現れるだろうか?などとも待つ気はないし、応援する気もない。

(顔よりも喉の構造や声帯を研究する方が直接的に音楽や語学などの既にある資源と結びつきやすい。)

 

通りで背後から微かに、殺す、等と囁くので、尋ねると白人の混じった親父が、何も言ってない、とシラを切っているよ。

 

また、通りのしけたコーヒー店を営む上階からは、分からない、と浴びせて来るようだ。微かだがね。こう言うテクニックが発達しているのが、創価学会などじゃないの?

 

在日を罵ると、在日系のスーパーで安く買い物した途端、客が、許さない、と店を出た途端に囁く。もう、十年はそうだね。だけど、在日が俺の仕事を奪うのだから我慢しろよ。

 

フジテレビで働けば、バイリンガルの在日がいるよ。たぶん。坂村健さんなんて別に肩を持つ気はないのだけど、華僑が敵の一角だと私は推理しているよ。つまり、ソフトバンクは黒船だとか言うのなら、この国は傀儡国家だと西鋭夫の著作にあるので、華僑ネットワークを通じてアメリカの中国人奴隷がそもそもアジア中に還流していると考えたほうが早い。

 

これは近代国家立ち上げの頃からその可能性を考えないとね。アメリカでは、19世紀の鉄道建設が中国人奴隷だったわけだし、こうまでも、日本の味の素だのカゴメケチャップを使ったエビチリを香港の本場ですら中華料理と言い張るのは、あるいは、チンジャオロースーをアメリカの料理だと紹介してみたりするのは、華僑ネットワークの恩恵を言いたいのだろうか?

 

まぁ、そう言うわけで、散々、煽られると朝鮮人差別をし返しているが、それは、昔、山口組がそうだと言うのでそれに倣っただけで、本当は、華僑のいるカルト教団と戦っているから、マフィアだかユダヤだか判別が難しくなったりするのだろうかね?

(阿片窟からやって来たみたいな謎の混血風が最近多いものでね。)

 

人のことを北朝鮮呼ばわりするのは何故なのか?

政治派閥が北朝鮮支持だとしたら日本人じゃなくなるとは聞いたことがないね。

私自身は北朝鮮支持の政治派閥などまったく関り無いけどね。

 

日本人は日本人だ。

騙したのは、俺に野次を飛ばす奴らだろう。つまり、それを朝鮮系のヤクザだと思っているから、朝鮮系カルトに怒っているんだけどね。

 

元々は、穴を掘るのは中国人と小学生の頃は皆で言い合っていたよ。だから俺がよっぽどケツのトラブルに見舞われたときは、台湾人風の赤黒い銀縁メガネをかけたアジア人が、清々した、と吐き捨てていたものだ。もう、90年代半ばの頃ね。

 

今推理すると、もしそれが創価学会だとしたら、華僑が敵の一角なのは間違いないだろ?

 

歌舞伎町にも中国人風の、台湾アボリジニを大きくしたみたいな大道塾風のヤクザが出てくるよ。どこかの消防署にも見たような見ないような。前に自転車屋でふてくされた若い店員を罵ったら出てきたことがあったかな?

 

自衛隊員風でもあるが、蛇頭みたいだよね。

 

青龍刀は機動隊のプロテクターを割るとさえ言われているので、戦わないほうが懸命だが、明らかに敵は中国人だ。あのフルコンタクトだってブルースリーの悪口を許さないルール。その派閥の支持を受けているのじゃないかな。

 

(こう言うこと書いていると今しがた、やるぞおめぇ、と女の声がしましたよ。蚊のなく音の4分の1くらい?って程微かにね。そう言う技術あるのにどうして教えてくれないのかね。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイ・モードと逆さマトリョーシカと

ケネディー暗殺事件はコペンハーゲン解釈か?測定器が原因で弾数が収束しないのだろうか?

 

どうやら文化・文明は高度化するとバイ・モード、ダブル・モードになるようだ。

 

例えば、”福祉国家の逆機能”、と言うと新自由主義の理論的背景でもあります。つまり大きな政府では社会保障費が逼迫するだとか、企業などの活動を規制して変化に即応する機動性にかけるだの色々あるんでしょう。

 

こうなると平和憲法の逆機能、民主主義国家の逆機能、も当然まとめられるべきだ。

(もうあるのかな?)

 

民主主義国家であることと軍事国家であることは矛盾しない、と言われている。

 

ならば、制御の効かない突出した個人を抑止する為に軍事が民主主義を制圧する局面。民主主義の逆機能があってもおかしくない。ここにあらゆる体制の行き着く末としての逆機能状態もしくはバイ・モード化、ダブル・モード化の姿を見る?

 

つまりケネディー事件はその証拠にならないか?いつまでも映画でしか語れなかったりもしたことが、なおのこと都市伝説を呼んだ。

 

ここから、人類文明のバイ・モード史をまとめる方向で、精神医療の欺瞞性を新たに編集しなおす必要があるでしょうね(真顔)。

 

あるいは新たな±階層出現の局面としての、選別的な逆機能フレーム包囲(逆さマトリョーシカ)。あるいは、その慢性化による腐敗国家化。ミスターポップを気取って、逆徒を煽り、バイやゲイを奨励し、社会を恨み過激思想に走る輩を持て囃す。

 

左翼もねぇ。赤や青に変わる巨大な蟲では、毒をもつタコ、あるいは爬虫類脳などにおける暴力と性愛のコミュニケーションを外部に露呈した格好です。事前と事後しかないのが崇高です?

 

我々は、全にして云々、個にして云たら、だけでなく、松本零士の”永遠の命”係数を乗算して動態にしなくちゃ駄目じゃないかなぁ?それが”大解消”的ななな。ブリュッ(フランス風)。

 

認知的不協和をも駆使した統治の姿としては、必ずしも腐敗国家化とは言い切れないだろうか?

 

 

 

 

トランプ氏はあながち嘘でもない?2

f:id:DDLegend:20170518000212j:plain

本日などはこのヘリを追いかけていました。実際は、もっと大きく見えて卒倒しかけた。実態はラジコンなのか?それが量子迷彩風の技術で大きく見えていないか?とか一瞬思ったのだけど、まぁ、この距離でローターが止まって見えるなら、シャッタースピードからもかなり大きいのかな?まだ計算方法を見つけていない。こいつらの低空飛行を一回見ているので気になっている。威圧するように突然現れる。特に何故か外国人などを威圧するかのような雑言を吐いていると緊急接近してくるようなイメージ。そう言うシュワルツネッガー的世界(近日のドラマ版ターミネータはちょっと見ていないが困った感じがしそう)。

f:id:DDLegend:20170518000054j:plain

こいつは民家上空のドルニエ的な何か。ぼかし入れてある。肉眼ではもっとでかかったか、この写真では小さいか。5月最初の頃だろう。がんがん神経を逆なでしてくる。

f:id:DDLegend:20170517235414j:plain

こいつは昨年頃に通勤列車のドア窓から。高層マンションの上空だが、肉眼ではもっと大きく、列車と交互してゆっくり遊泳していく感じが神経を沸騰させた。やはりドルニエ的な何かだ。河川を越えて旋回した後、調布飛行場にでも降りるのだろうか。

 

断っておくが、こいつらとの戦いはまだ終わっていない。謎の技術があって、こちらがカメラを持っていないときに限って神経を逆なでするように高度150メートル近辺を飛んだりしている。飛行場に尋ねると1000フィート上空のはずだとか言っていたりする。酷いと、一、二回、100メートル切っていないだろうか?と言うこともあった。これは錯覚とは言い切れない。

 

また、航空機によってはカメラのメモリー、電池などに異常が起きて撮影チャンスを逃したりするものがある。再度、入れなおしたり、電池ならふたを開けてゴリゴリ電池を指で撫でて回すと回復する。まるで接触部分の金属原子だけスピンが反転して導通がキャンセルされたかのような不思議な現象だ。

 

こう言うのは現代社会においてダブル・モード的ではあっても、もはや民主主義といえるのかな?例えば、都市伝説としてのケネディー暗殺事件なんて、現場で聞いた銃声と報道での銃声が数が合うだの合わないだの。それをごり押ししたりもみ消せるダブル・スタンダード。精神医療とまったく同じですね!

 

 

トランプ氏はあながち嘘でもない?

最近も再び上空を飛ぶドルニエ号だとか謎のヘリなどで色々、交番などで尋ねて追い返されていますが、今日も同型のヘリを撮影したけど、写真に写ると小さいんだよね。

 

量子迷彩かよ、って思っちゃうけど、実際のサイズこんなかなぁ。レンズ視界の相対スケールまで換算しなくちゃいけないのかな?

 

また、外国人を威圧すると相変わらずマイクロ波メーザー的なものや赤外線レーザー風の温熱をピンポイントで足の筋肉等に感じたりします。しかし、発信源が見当たらないので困っているところです。

 

ところで、私は東京に居たくないといつも言うけど、それは集団ストーカだけが原因じゃないですね。

 

よく考えたら、パソコンを使い始めてから2,3回くらいしか友人とメール交換したことがないですね。創価学会のルールなのか、ヤクザの仕打ちなのか、社会人大学でも自分のとったゼミくらいしかメールしなかったし、他には数えるくらいで、だいたいが講師以上は送っても返ってこないしね。商品のやり取り以外は、他に、ここ3年くらいは年に1、2回、パソコンの分からない親にメールしてあげていたが、親も嫌がるし。カルト教団が関ったりすると、例えばテクノロジー犯罪のNPOでも何でも、まともに発信した内容に直接返したがらないよ。まれには応えるけど。規模が大きいにしても変だね。

 

どうもデジタルデバイド障碍者にしたくてカルト教団等が圧力を25年近くかけているのだけど、ずっと私は抵抗していて、失敗しているのが実態だと思うね。それで直接、何か雑言を聴かせて神経を消耗させる作戦に出ているのか、その状態で何年も経つが、それを警察も許すくらい卑怯な国だ。

 

 

(さすがに、もう東京で自分独りで暮らすのは諦めたが、この程度の病気で障害者にまでなって生きる気はないので、それなら殺し合いや戦争を肯定したい。)

 

まぁ、日本を諦めてもいいよ。行ける所があるのならだけど。もちろん、日本インディアンの血が入っているので殺されるのがオチだろうけど。まぁ、これが電脳の国だとか思われている、東京の実態だ。

 

実際は、精神病だからと差別してデジタル・デバイドを作ろうとしたりするのに、社会学の教授は、今、デジタルデバイドの問題もあります、なんて2001年ごろはやっていたよ(笑)。馬鹿馬鹿しいね。これも逆さマトリョーシカだ。

 

こんな病気なにかおかしいよ。どこかへ亡命出来れば絶対に正体がわかるはずだと本気で思うよ。まぁ、なるべく自国で解決したいけど。

 

(私に、障碍者、と野次を飛ばすのはチンピラだろうが、空手でもできそうだから、殴るのは慎重にしている。しかし、私は徒手空拳と言う思想は無い。これは明らかに迫害に近いので、戦闘になる。これはマーシャルアーツの出番じゃない。)

 

ところで最近トランプ米大統領は、マティス国防長官が2月に東京を訪問した際、最新鋭ステルス戦闘機F35がレーダーに探知されずに日本上空を飛行していたとの認識を示したそうですね。なんでも1機2機の話じゃないので、さすがに信憑性を疑いたくなりますが、でもそう言えば、昨年の1月20日頃、私も近所の上空で、三角形の尾翼をした戦闘機を見て驚いたことがあります。F-2などにしては横にあるから、F-15みたいに双発だろう。しかし、双発にしてはデザインがシンプルだ。機体の膨らみ形状の複雑な影が足りなく見えた。すると単発で双尾翼のあれか?なんて一瞬、卒倒しましたが、まだ米軍のステルスしか配備されていなかった頃だし、どう考えても関東近郊のここにそれが飛んで来るのはおかしい。

 

撮影してみたらがっかり。へぼいジャンクカメラの為、写ってないよ。

f:id:DDLegend:20170515002430j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銃社会のぶりっ子(後略)

最近も野次は飛びますが、音量は小さい。幻聴も微か。しかし、この10年近く同じ声。白人風の、混血風の、女の声。最初、創価学会かと思っていたが。よく分からない。赤白い台湾人かどこか風の人の幻聴は無くなったね。いやぁ、たまたまひっぱらて行ったイタリアで25年位前にすでに、女の幻聴を聴かせてやると関西人に宣告されていたからね。そう言う技術があるだけだね。

 

色々なふりをするようだ。つまり、もし街頭で何か誰かと衝突すれば、幻聴で後一押し刺激すれば、それがロシアだと言えば、ロシア人に、アメリカ人だと言えばアメリカ人に、激突する呪いをかけられているようなもので、基本、錯乱を装った脳疲労によるヒキガエル程度の判断能力で誰かをブッコロス的な事態を演出しようと目論んでいるとしか思えない。

 

そこで、いくら10年近く聴こえるとは言え、どうして白人の女の声が嫌なのか考えて見ました。

 

狭い、と言ってくる白い女も、顎を突き上げて侮蔑するイタリアの茶色いのも、共通しているのは、ぶりっ子、と言うことじゃないかと。

 

私の育った年代の文化で類推して表現すると、銃社会のぶりっ子、だから。

 

ロシアなど一時期は、音楽も、最近の欧米風の音でありながら、全力で70年代みたいなノリの熱唱ぶりが驚きを誘ったし、イタリア等も、結局、総本山で宗教全体主義が残っているのなら、これこそは、ぶりっ子の差別だから、全力で侮蔑してくるのだな、と言う結論です。

 

我々日本人は、文化もキャッチアップ・モデル的だったので、全力で何かするとどこか馬鹿にされる風潮があります。そこで、ぶりっ子、と言うものをとにかく冷淡に眺めるものだけど、あっちの人は、どうもそれがないんだね。

 

幻聴の声も、近辺の声も、ぶりっ子過ぎてぶん殴りたくなるのを抑えている苦しみですね。これは。もちろん、それ以上に、幻聴で四六時中思考を邪魔されるのもあるけど。まぁ、音量が下がってもこれだけムカつくのは、もう、そう言うことだ。

 

昔、木村カエラだったかが顔がぶっ飛ぶようなチョコレートの宣伝がなかったかな。あんな感じの気分なんだが、カエラ風じゃないよな。もっと白いのだ。普通はいいと思われがちだが、デブ過ぎてアジア人の横にいないタイプだ。

 

所沢にも居るかも知れないね。いや、新宿駅で見たかな。

 

女にはあんまり手を上げないなぁ。

(少なくとも寝るぐらいしていないと触れもしない。)

 

サッカーボールで顔ぶっ飛ばす練習すればよかったなぁ。

 

中国の良い子ばかりじゃないんだよね。迷惑すぎるの。銃社会のぶりっ子が一番困っているんだよね。変態が嫌いなのは尊重するが、いつまでも言うのなら、戦争させろ。

 

 

 ※タイトルがよく考えたら、やっぱり酷いダブル・ミーニングだったので、止めました。2017/05/17

 

 

 

 

幻惑ビーカー星3

近日までの読み筋では、人類はある種の遺伝子の欠損によって誕生した特徴の際立ったパーソンを、随時、戻し交配する等して、好みのバリエーションを作り出した可能性が高い。つまりこの地上においては熱力学的な不可逆過程に逆らえないとすれば、後になればなるほどミュータントが増えるのが進化である。

 

そこで、その様にして膨れ上がった人類を束ねたある種の文化・文明においては、その体系維持の為の再生産過程において、情報統制≒コンテンツ制御もあわせて行われていると見て良いだろうと思う。

 

すなわち3つの力の行使による階層社会の実現である。それらは一般にこの地方では、教えない力、認めない力、働かない力、の3つであると都市伝説として背景で伝わっている。それぞれに理想的な民主主義社会におけるプライバシー権、そして経済活動における特許など、また選択権や投票権の行使、あるいはデモやサボタージュなど政治活動の自由に相当しないか?と言われている。あくまでも疑問符付、鍵カッコ付などで。

 

今後、戦時にもなれば、大量の難民流出に伴い巨大なインフォーマル・セクターの出現が起こり、それと並行するかのようなカジノ誘致など、強力な別の3つの力の出現とその集約が起こってくるかもしれない。すなわち某未来学者の言う富と暴力と権力の3つの力の集結である。もし、日本が存続する前提で行くと。

 

(ところで4/16~4/20あなたはどこに居られましたでしょうか?)

 

このような情勢においては、もはや我らがダイバーシティーも巨大なミュータント大サーカス、はたまたビーカー破壊となって、漢字奴隷インフレーションの渦に飲み込まれないことだけを祈りますね。