のんびりPC(第2幕)

真実は自分だけが知っている

分析学派レストラン

 

f:id:DDLegend:20161002093453j:plain

製品は、ノンクロレラ・キャベツかなと言うパサパサッぷり。うーん。悪くない(俺は)。

f:id:DDLegend:20161002093421j:plain

まぁ、殺菌がてらに酢漬け、もしくは塩漬けを2~3分は最低でもするので、また、保存時に漬物状態になることを計算すると、コールスロー用には、あまり細くしても意味が無い。たぶん、1ミリから下手すると2ミリだ(笑)。

(自分で切ったキャベツのアミノ酸の濃厚さには敵わないね。)

f:id:DDLegend:20161002093513j:plain

まぁ、オリーブ油や酢などで引き伸ばしたマヨで喰った後。透けて見えるまな板が汚いが。

(そろそろコーンをそぎ落とす調理器具を買おうかな、と思っている。何故か今まで10年以上も缶や冷凍で済ませてきた。)

 

あんまり料理するところを見せると、指を折られそうなので載せなかったが、あまりにも障碍者呼ばわりが止まらないので。生活能力はありますよと。

 

ハム切ったりする時間もあるからな。まぁ、殺菌時間や葉を拭く時間も入れて30分~40分あれば、いつもこんなもの、すぐ作ってますよ。今はもっと加速する為に中華包丁を購入して待機状態です。

(そう言えば近年流行の生ハムはおいしいけど、よく考えたら、この為に日本の一般的なハムはあるんだね!)

 

自己鍛錬としてのキャベツの千切りは、お奨めです。それくらい手が器用だと、この年になっても、眼が見える限り、ハッチングでデッサンとか、すぐ復活しちゃいます。排毒する意味でも木炭デッサンに挑戦した時期にもっと食べたかったなぁ。

 

投薬のせいもあって最初の106年くらいは、2,3年に一度、指を切っていましたが、今は連続で5年以上切ってないのじゃないかな?その前に身につけるのには、30歳前からで、2年半かかっているね。その内、1年以上投薬下にあったと思う。小脳や運動野は、このように可能性があるから、あんまり、近年出て来てるらしいグルタミン酸神経の遮断薬はいい予感がしないね。実際は知らないけど。まぁ、そもそも投薬治療は断固反対!!!

 

真面目に医者の言うとおり薬を飲んでいたら、こんなことすら出来ない人間になって、東京で孤立していたかと思うと、怒りがこみ上げてくるね。

 

※包丁さばきは別に誰にも習ったことはありません。小学生の時、家庭科とかあった世代。最初は怖くて刺身包丁のように小さい包丁を使って千切りしていました。だんだん慣れて大きくなっています。