読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりPC(第2幕)

真実は自分だけが知っている

遅ればせながら反北朝鮮(カルト)の表明

たわいもない話をしますが、思い返してみれば、中学生の時、私が親戚にカクレソウレンと言われたことがあると口外したら(当時の私は拉致かと思っていた)、それは小学生の時から数えて人生で二度目の暴露だったと思うが、皆が傍でヤーレンソーレンホッカイドウ、などと替え歌を歌ったりしていた。”ホイナー”とかモンゴルフォークみたいな掛け声するのまで現われた。

 

しかし、その程度なら良いが、まれに、本当の右翼が北朝鮮とつながっている、もしくは隠れている、的なことをさらっと言う人がいた。私から更なる情報を炙り出したいと思えば、そのような嘘の撹乱情報を作り上げて揺動する程度はする精神年齢なので、それで私は黙り込んでしまったが(私は本当に何も知らない)、今にしてみると、そう言う可能性って本当にあるんだろうか?

 

http://richardkoshimizu.hateblo.jp/entry/20150804/1438669462

 

うーん。マフィアみたいな風貌の混血風のおっさんどもに、何かとここ数年来、野次を飛ばされて来た経緯があるし、今でも、国交省の空き地で鍛錬の為に棒など振り回していると、そういう事するな、的なことは近辺から囁いてくるので、お前らなんて藤原キックの時代(下手すると沢村正とか?)から、こっちの凄いのに勝てないじゃないか、的に言い返していると、その後、道々、あわないよ!みたいに近隣の住宅から女性の声が聴こえたりします(毎度7~8年来)。

 

それで、ああ言う格闘家の派閥も北朝鮮カルトなのか?と疑いを持ち始めているのです。

 

いや、ロボットにされたくないし、幻聴グリッドから出る為だったら、北朝鮮とでも戦いますよ!!!相手が例え骨法家でもね。これは仕方ない。それは本当に嫌だが、もしそうならナイフでも持ち出して方法論を練らないと駄目だろう。

 

男児とはそう言うものです。恐怖に際して、怯むことなく打開策を練り続ける。それ以上でもそれ以下でもないと思う。私は負けるだろうが、幻聴やロボットの現実とは、生涯をかけて戦うだろう。本音としては、北海道へでも引っ越して自力でロケット開発などして、北朝鮮をそろそろ標的に出来る可能性のある軍事技術の候補を検討しなければならないとさえ夢見ている。

 

近隣の工事現場からも、これやらないと駄目だ、とか聞こえよがしに言って来るのを耳にすると、念のため、来いや!程度は言っています。私は、私の精神の安寧の為に、全精力をかけて、闘争の手段を構築するだろう。

 

→もし、北朝鮮カルトもしくは、北朝鮮と戦争する計画のある派閥の人は、何か仕事をください。お願いします。

 

→反精神医療的な立場から反米思想をキャッチアップしてきましたが、今後は民族主義的な見地からも、北朝鮮とは一線を画していきます。

 

※野次飛ばしてくる消防署員とかも下手すると俺には北朝鮮にしか見えないよ(笑)。

 

※もう、本当に幻聴はほとんど聴こえません。しかし、思念が沸くことがある。白人は皆ユダヤなの隠しているだけで、朝鮮人に逆らうと白人をすべ敵にまわすよ、的な変な幻聴だか音声送信があります。そんなこと仕方ないだろうと思う。嫌なものは嫌だし、死ぬ時は死ぬだろう。ロボット国家なのだから、もしかしたら、ユダヤのブレインジャックで皆、日本人は馬鹿なのかもしれない。だったらユダヤと戦って死ぬだけでしょう?

 

※もちろん、私に所謂民族主義なんてないですよ。M7ワールド程度です。それと言語アイデンティティーね。

 

※何度も言いますが、これは統合失調症患者のブログであって、テクノロジー犯罪による音声送信か判別しかねるが、かなり疑わしいと私が思う幻聴その他と、どの派閥かおぼろげにしか特定できない集団ストーカへの強い反発心から書いているのであって、実質は、米系精神医療などへの反旗でしょう。これは間接的に白人至上主義との対峙だと考え始めてだいぶ経ちますが、内容の信憑性については、各自で判断してください。

 

追記:山形県朝鮮半島からバルーンが着たとか。いやね。拉致とか聞きたくない。温かい家庭がいいよね。そんなやり取り子供の頃はあんまり無かったタイプの家庭のような気がするので。妙に反射的に”拉致”とかニュース聞いていると、殺意が沸くね。どういう人たちが拉致されたのかまでよく分からないけれど。何か騙してる世の中だな、と思うね。誰がとは言え無いけど、朝鮮カルトが支配していてCIAだのがそれを利用しているともなれば。どうも朝鮮人を連れまわして英才教育を施して日本を統治させているのがアメリカの実態なんじゃないかとさえ思う。