読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりPC(第2幕)

真実は自分だけが知っている

幻聴などの考察その他5

日本語は複雑に過ぎるのだろうか?

 

凶悪なファシズム国家の烙印を世界から下されて、その植民地における日本語統治の反省から、戦後、アジアの独立国では、簡素化された文字が採用された傾向が見出せないだろうか?

 

言語が複雑に過ぎると、それ自体の世界で溺れてしまうのだろうか?

 

言語文化と言う情念のマトリクスに。

 

(アジアの全体主義は、ここに依存するとして、それを崩す植民地政策的なものだったり、はたまた教育の整備が遅れている地域での苦肉の策なのだろうか?)

 

文明を加速する為に、市民から宗教と科学の橋渡しである弁証法を隠して、肉体的で現世的な大衆文化の促進推進を促し、世代交代速度を上昇させていくのが、現代の統治手法の全般的傾向のようにも思える。こうしたことが文字の簡素化とともに起こっている・・・PCの普及にともなって日本ではあべこべに教育漢字は増えていたりもするが。

 

漢字トロン・コードでは、粒子的解決で、もし本気で波の様にやるのなら、その場でヘンやツクリから瞬時に漢字を自動生成する漢字プロセッサーでなければならないだろうか?)

 

源態と言う粒子と波の同時存在にフォーカスすると主客分離と言う知覚交替が起こって、単線的なストーリーと言う時間発展が得られる。これが因果関係の追及である科学そのものでもある。部分視と全体視の違いにこだわるデッサンにも似ている。これを常に我々は経験しているのだ(LookとSeeの違いが分からなければ、デッサンは出来ません!)。

 

 『世相ブラ 今年は女性応援「ガラスの天井」付き』とか見ていると、日本語に対する嫌味かと思うなぁ。何でそんなに説明ばっかりなんだって。日本には芸術がない、とか言い出したくなる(水に劇笑)。

 

ところで、システムの作動として主語と述語の命題をイメージしていると、起点となる主語のところでノイズの衝突を経験することもある。

 

空ぶかしにぶつけ、肩透かし、のみでなく、現在、頭の中で思考している内容に対する妨害行為としてなのか、思考盗聴が本当にあるとなれば、これは明らかに妨害行為の手法の一つであろうと直ちに判断されるべきタイプの騒音がある。

 

しかし、あんまり気になりません。最近は本当に静かになりました。まだ出来るのかな?やるのかな?とハッとさせられることは、ありますけどね。時折。そう言うのは街路の野次に過ぎません。

 

今、とりあえずメモを見て、まだ書いていなかったと思うのは・・・何か理由を観想しようとしてと言えばいいのかな。なんだか分からないけど、とりあえず口を開くことで、言霊に喋らせよう、的なことをしてステルスでものを考え、論理は論理それ自体の自律した空間を持つ、と言えばよいのか、勝手に自動書記的にノリで喋ると言えばよいのか、クオリアでとって行く詩みたいなもの、と言えば良いのか、ともかくも、そう言う無意識的な欲求に基づくものを解明しようとする時に行う発話。とりあえず自分の状態を物理で耳から再入力したりして対象化しようとする行為。それをガツンと天井などの落下物の音、街路の営業車のドアを閉める音、そう言うのが綺麗に重なって耳を邪魔する程度のことはあると言えなくも無い。どうしようもなく綺麗にタイミングが合っているだけで、本来はうるさいともノイズとすらも感じないものだ。

 

不思議時空の一端でもあるが、忘れないうちに将来のため残しておこう。

 

こう言うことを経験していれば、脳の中のクオリアに由来する言葉と音の出会う場所を探求したくなるし、造形言語と言う言語以前の世界へ分け入っていかなければならない。そう言う太古の始原の世界に降りて行って、霊力の根源に出会わなければならないのだ。

 

そうして、そこから、もう一度、言語と言うものを眺めて見て、自らを組み立てなおすしかないのだ。つまり、どのようにその霊的次元を捨象して選別し、汲み取るのか?

 

そうすると、もはや、以前の自分には戻れない。この広い世界の実相に触れ始めると、宇宙と同一の原理に由来する何かが現に目の前でも介在しているのは明らかで、量子力学的な世界以上のことが同時に感得される時間帯を設けねばらないとなる。うーむ。瞑想が必要なのか?

 

なんとも。ビーカー以上が見えないもどかしさと言えばいいのかな?地にはった虫の世界を卒業して宇宙人になりたい。3次元人卒業。

 

これは何も神秘的なことではなくて、病状にも似た、犯罪被害と言えばいいのかな?戦いであって、戦争肯定論の根源です。つまり、日本が軍事衛星を上げられないのは、どんな理由があってもおかしい、と言う根拠にもなってくる。私の憲法改正論支持の理由。軍事衛星を上げなければ、もう、日本は何らかの勢力に飲み込まれる。あるいは飲み込まれている。

 

それは、もしかしたら、ロシアでもある。敵が朝鮮カルトなのだから。まだ明らかでないのです。だまって歩調を合わせていようなどと悠長なことは出来ない。個人だから。

 

 ただ、日本人が民主主義を謳歌しようとすると邪魔しようとする勢力が、朝鮮やロシアで、それが米軍やアメリカと密約をしていて、日本人の一部を騙している可能性をずっと疑っています。そう言う奴らが、私に、”殺す”と言ってきているみたいなので、逆に威嚇したり揺さぶりをかけて吐かせようとしているだけなのです。

 

ここまで書いていて、今も、殺す、と聴こえてきました。街路から。別にいつ死んでも良くなりつつあるんだけど、刺しにも来ないね。

 

なんだろう?本当にロシアに加担するヤクザなんだろうかね?だったら極真の一部が敵なんだよな。いよいよ覚悟しないとな(そろそろ剣道でもやるか)。と、いつも書いているんだけどな(笑)。

 

※一応書き残しておこう。粒子と波でどっちつかずになるような分解能の神経しか持ち合わせていない人間は、その神経が組織化し束になった思考においても、個人と集団だとか、個人に対する社会と言う波だとか、やっぱり粒子と波みたいなことを言っている。こう言う人間社会集団を広範囲に誘導かけようとしたら、まず認知的不協和によるカモフラージュで実態などを分からなくする技術を駆使したメディアを使うでしょう。それがやがて物理空間では、逆さマトリョーシカとして展開するのでしょう。家庭と社会で価値観が逆とか、そう言う感じの。例えばこれは私の想像ですが、欧州で黄禍論が盛んであれば、同時に傀儡が人口を増加させる事態を誘発する境遇に導いている、だとか。それに近いことを最初にやったのが英国のユダヤ系と言うことじゃないか?近年の中国やロシアの思いやりのない恫喝は、そう言う単純モデルで攻めても人口規模が妥当であるだとか、まったく理数系の発想じゃないの?私は神経かく乱やブレインジャックを持ちまわす集団と戦っていますが、いよいよ、クリントンレプレタリアンクローン人間かのように言われだしました。要するにおそらくロックフェラーなのですね。米国大統領選はどういう意味になるのか理解しかねているけど、ひとまずクリントンじゃない!!!韓国のパク・クネまで暴走して大変な数年間でしたが、先の単純モデルで潰せるくらい弱体化していると思われたのでしょう。まったくもって憲法改正しないとどこまで舐められるか分からない!!!2016/11/19