読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりPC(第2幕)

真実は自分だけが知っている

(ID)知的計画?

私が子供の頃聞いた奇妙な冗談に、キリストは気功で操られた中国人だった、と言うものがありました。

 

(トンデラハウスの時代だから、みんな適当だよそりゃ。しかし件の顔ぶれですね:笑)

 

今だったら、実は、掘られてゴルゴダの丘いじめを受けたんじゃないか?集団ストーカの走り?みたいに言いそうですね(嘘)。

 

まぁ、ここでホセ・デルガードの話をするのもいいが、そうではなく、何で中国人がキリストなのか?バビロニアが中国人と関係するだとかそう言うカルトの言説と一緒か?

 

と言うこと。たぶん、ブレイン・ジャックとしての気功が重要なのと、そもそも気功の話ですらなく、私が中国人だと疑われていることを婉曲的に周囲で冗談にし合っていただとか、色々、考えられる(笑)。

 

しかし、ここではっと気がつく。朝鮮カルトは本当に朝鮮カルトなのかと。

 

もし、アメリカ人の技術でロボット化された中国人がたくさんいたら、これはきりが無い。いつか乗っ取られるんじゃないか、とすぐにも脅威だと分かる。そこで、小国を一枚はさんで朝鮮と言っているかも知れない。

 

そんな妄想さえ浮かぶ。一体、隣に13億もの餓えた国民がいたら、民主主義なんてあるわけ無いのに、民主主義なんだよこれは。今の中国は発展したかもしれないが、やはり、これは米軍の抑えがあって民主国家なんだ。

 

・・・そう言う視点に立つと、朝鮮半島は、中国に対する抑えとしても働く可能性が高いので、核武装するのは、それはそれで効果があるのではないか?と言う気にもなってくる。油断は出来ないが。(すると中国でなくソ連時代のアルタイ人種だったら別のやばさもあるとか言ういつもの問題はとりあえず放置。)

 

いやね、私はかっこつける気は無い。確かに、ここに書いている文章はすべて自分が書いている。問題は・・・ある種、自動書記的にこの場に書いている瞬間に浮かぶこともあるんだが・・・それがブレインジャックなどで無ければ、ってことだ。

 

いや、文章を書くってのは、この交霊術みたいな状態が超絶に面白いからなんだが、ちょっと、最近、寒気がする技術が世の中にたくさんあることに気がつかされ始めているので、そろそろ、厳密なスタイルにするべきじゃないか、もっと緻密に計算づくで行くべきで、もう、文章を書くつもでやるのでなく、単なるメモとか、計算とか目印程度のことにしないと、馬鹿馬鹿しいのではないか。とも思う。

 

いや、それでも交霊術的な側面は残って、やっぱり魂の研究になるんだろうか?なんて右往左往している。まだスチュアート・ハメロフを読んでいない(笑)。

 

うーむ。あのね。記憶の底から蘇って来た一つの会話シーンがある。

 

運動しない小さいキックボクサータイプみたいなよくいるカルトのチンピラ兄ちゃんが、私の脇で、なにやら一神教のことを話しているみたいなんだが、ほんの一言、隣の友人に、こう言っていた。

 

「・・・(キリスト教?)全体で一個の粒子にしたいのかな?」

 

(つまり、信者をロボットにする計画の存在に対する疑念でしょう。)

 

これは今、私の中で捏造された記憶だろうか?今しがた浮かんできたのだが、時代的には、高校時代かそこらだね。うーむ。何だろう。これだけだが。

 

 

いやね、郡司ペギオ幸夫と岡崎乾二郎の対談をニコ動で見ていたんだが、そんなに何から何まで魂だとか言う考えがあるのなら・・・人間のパーツそれぞれにも魂が宿っていると言う考えが西洋文明の底流なら・・・最終的には、信者ひとりひとり、一個一個の魂を合算して神、ってありになるでしょう?

 

何か、そう言うアメリカ人の計画があるんじゃないかなぁ?知的計画とか言う南部の宗派とか。本当にもともと人間存在はそう言うものなのか、それが人為的な技術によるものなのか、共時性みたいなものが、とにかくナチスの時代からあるらしいので、気になるんだよね。

 

幻聴も含めて。

 

 

 ※もちろん私はどちらかと言えば共時性/人為説ですよ。幻聴を音声送信と呼ぶべきだと考えているので。そうでなければ世界中の宗教神話における死後の世界の伝承が一致しない理由を説明しにくい。また、幻聴は常に日本語です。時折、ニュースなど見てると英単語を脳内で呟くので、それにあわせてなのか英語の幻聴も稀に飛びますが、この20年来でも、数えるくらいになっています。それは私が外国人に関わらない方が良いと考えられている為ではないかと容易に推察できます。初期には、外国人にも周囲でやたらevileだとか単語を頻繁に使われて囁かれていた記憶があります。私は意外と、そう言うのに英語も出来ないのに直接何でか尋ねてしまうので、トラブルメーカだと考えられているはずです。私に対して集団ストーカがしつこい理由の一つはこれでしょう。朝鮮カルトは外国人との関わり方についてルールがあるか教育を受けているが、外部の日本人はまったくそう言うものが無い人もいて、政治的な人種平等の理念を真に受けているので、嫌で仕方ないようです。しかし、これもまた一つの格差なのです。