のんびりPC(第2幕)

真実は自分だけが知っている

幻ビーカー破壊論4

両義性の王国において3極子は何を意味するのか?

 

について思考するのは、なかなか飽きない。

 

まぁ、言って見れば図と地なのだから、その知覚交替の連続として回転体を構想すれば、一つには、最も単純化して3つの要素にしたかも知れない。つまり、この時間経過として螺旋状の発展もある?

 

ラカンの様な3つの集合の図もベン図だとしても、フィレンツェの貴族の紋章だったりもするし、なかなか古くからあるものの様だ。

 

実際は何か知らないし、何でもよい。現実界象徴界なら、リアルと自我意識と言うことで波と粒子にもなりそうだし、想像界もどちらかだろう。

 

重なった部分の共通項は、類型的なことかも知れないし、そうであれば、重なっていない個別領域は個物だ。

 

現実が死に向かっているとするなら、象徴界は生を志向し、想像界は理想であろうか?

 

今朝方は4:58に地震鳥取だとかで起きている。震度1,2程度なのだが、まどろみの中で、何かぼんやり揺れるもののことを思考した途端、ズンッ!と1秒間程度小さな揺れが来て驚いた。すると街路から、やべぇ、と言う通行人の呟きが聴こえたが、揺れを感じたのだろうか?歩いている時に瞬間的に地震を経験すると、立ち眩みと錯覚するものだ。酔っ払いなら足を踏み外しかけたのかも知れないが、通勤だろうか?

 

しかし、こう言うのは共時性なのだろうかね?地震が来る前に、おそらく数秒前から、何か考え事が揺れるものの内容にスライドして行ったと言うか、重なってきたと言うか、その瞬間、ズンと来たからね。本当に、地震を起こせる兵器があって同時に思念を送波したのかと考えたくなる程、連動していた。

 

その後、もっとしばらくして、7時過ぎて、子供の野次の後、英語の歌声などがした。これもよく分からないが、毎晩ステーキを食べる奴の声でもないな、と思う。時折聴こえるよ(笑)。いくつか幻聴らしきものは聴こえたが、興味ないのであまり覚えていない。いくら野次を飛ばしてもいっこうに止まないので、何だか失念してしまうのが早いのだ。要するにコミュニケーションの断絶による疲労だね。聴かせて来るが話はしない、となれば、人間じゃない。ここはまるで檻だ。まぁ、音量は随分下がって楽になったけどね。ずっと住みたい所じゃない。

 

もしかしたら、この音声送信技術は、周囲の人間も理解できていないのか、まったく制御できないが、知っている振りをし続けているのか?

 

”マジ糞”などとリアルの野次も飛んだ気がするが、もう、白人の国には行かないよ。集団ストーカみたいなことなら90年代のイタリアでは、女に眼を合わせた途端、顎を突き上げたり、顔を横に振って嫌悪の表情をして、決してこちらを見ないようにさせる、と言うタイプのものをそこら中で喰らったよ。これは人種を隔てているので、疲労も大きい。二度と嫌だ。

 

こちらのカルト教団と思しき人々のは通りすがりに野次を聞かせていくタイプのものだ。たぶん、白人に比べると顔の表情が足りなくてインパクトが無いから、囁くんだろうね。イタリア人のは、中国人のこうした集団ストーカ的なものと少し似ている。

 

中国人の悪口を言っていると、中国人らしき人物に遠くから眼が合った途端、顔を背けて嫌悪し、こちらも細い傾向はあってもただの平板な顔の壮年男性など別に何の興味ないので顔を背けると、その途端、見てないのをいいことに鼻を何度も鳴らしたり、妙に気に触ることをする。まぁ、違いは、あっちは女しかやらなかったよ。それと一回顔を強くそむけるだけだね。それでも、美人だと衝撃を受けるが、こちらの女は、何だか、いちいち何か言うね(笑)。そして美人は何も言わない(笑)。

 

何度も言うけど、イタリアに滞在した時は、まだ肛門性交がどのように行われるかも知識が無いよ。留学生の家で一冊エロ本を見せてもらったら、●ナルセック●してる写真は確かに載っていた。カトリックでもそんなものかと思ったよ。そんなもの駅で普通に売っていたりしたよ。糞になったのはこっちでのこと。

 

ここで野次を飛ばしているのは、中国人みたいで、なんだか偏狭で困っているんだが、何とかならないのか。

 

図と地の話はあんまりしているとぶっ殺されそうでもあるんだが、何と言うか嫌味だね。主に中国人への。そして美術系への。

 

 

 ※なんで日本人まで、あるいは教授まで、白人の仲間のふりをしてなのか、私を差別する側に加担しなければならなかったのだろうか?ことによると、すべて在日系なら、日本人にアジアの裏切り者の自覚を持たせるためにこのようなことをしているのだろうか?私は、入欧とまでは思わないが、未だに脱亜路線ですよ(笑)。とにかく、美術で言えば、人は幼い頃の美的感性を大人になっても継続するものだそうです。私が特殊なのかも知れませんが、私は幼少期、むしろ西洋美術が凄いと思っていて、日本の美術を知らなかった為に、デッサンの講義を受けてから、日本の美術を凄いと思うようになった経緯があるので、しかも、それは西洋の見方ですから、一般人がそもそもそんなに日本の美術の価値をどれくらい分かるのかな?と思っています。だから、脱亜です(笑)。脱中華。脱華僑。