のんびりPC(第2幕)

真実は自分だけが知っている

幻ビーカー破壊論6

この地上で起こることはすべて人間の社会集団に帰属させて良いだろうか?

(発明やアイデアも、結局は、この世界の循環の一つに過ぎないとも言える。)

 

TRIZのような考え方を参考にしていると、政治もまた、国家を運営する為の一つのモデルに過ぎず、過去に起きたプロセスを機能主義的に再適用することで、効率を上げる工夫がなされるはずだ。と思える。

 

すると、例えばアメリカ型の国家立ち上げビジネス、などと言うものはあるだろうか?などと妄想するものだ。

 

始動初期を黒人奴隷など駆使して植民地的状況下で統制的に社会インフラの建設など行う。必要に応じて宗主国より独立し、主権が譲渡されるに従って、ツチ族フツ族の対立の様な筋書きも、やがては、支配がどちらか一方に取って代わられ、やがて縄文人的な、もしくは薩摩的なキャラクターとでも言えばよいのか、そうした者達が、次第に離脱すると言えばよいのか、下層民化する。何かそんな文化的刷り込みまで駆使した社会構想である。もちろん、外圧をうまく使わなければこれは達成されない。傀儡が条件である。

 

幻ビーカー破壊論3 - のんびりPC(第2幕)

上記のリンクの内容に、戦う最中、敵や幻聴が個人の中で超自我化することは経験的に説明できたと思う。

 

ところで、●●と戦うものはそのために自分も●●とならないように注意すべしだとか言う有名な言葉が昔からあるそうである。

 

もし、未知の原住民と戦う運命なら、セックスアピールにおいてこちらが上である場合、敵はこちらの行動様式をモデルにする機会が上昇するだろう。であれば、こちらの戦場における価値判断などは、相手が困難に遭遇した時など、対話のチャンネルとしてその行動様式がモデル化される可能性が高い。つまり、勝者であるこちらのミラーが相手の超自我だ。

 

このことにおいて妥当性を得たなら、すぐにも変態部隊を組織するべきなのだ。例えて言えば、女性崇拝の、恋愛至上主義的、個人主義的集団。ヒーローを渇望したり、自らもヒーロー願望の塊である様なキャラクターの。あるいは、戦場が無理であるのなら、文化において植民地化した後に”ビーカー破壊”的に植え付けるべきである。

 

そして、仮に女性崇拝が相手に移植できれば、こちらはやり易いであろうし、また、こちらの管理していない変態は、何を主張しようと、あるいは、こちらを如何に礼賛しようと、まず抹殺の対象に分類すべきだ。

 

こう言うストーリーはいかがだろうか?

 

私はまだ現実の行動様式はヘテロセクシュアルだ。だから問題ないとは言え、妄想の中の性癖は多岐に渡ることがあった。これは成長過程において不利な立場でニッチ商品を押し付けられたからである。また、過去、旧友などに、テムポの悩みからやがてはテムポを吸引するようになるのが最も悲惨な日本人の末路、との言説を撒き散らしていた人物がいた。少し細木和子のファミリーかとも思うような顔だったので、もしかしたら何とか組なのだろうか?

 

Bi-Gender Confuse 問題2 - のんびりPC(第2幕)

上記には、なぜ、ニッチを押し付けられねばならないのか、別段、日本の特徴と言う訳でもないだろうが多少オーバーに考えを書いてある。

 

こう言う状況をセッティングする為には、とにかく、相手にとても良く似た相手の文化を脱臼させたり逸脱させるクラスの、セックスアピールの上回った役者が多数必要だ。となると、日本なら朝鮮カルトなのか?となる。

(遺伝の新奇性は高い関心を惹く要因だ。可能な限り遠く、かつこちらに適応的な地域がよい。)

 

しかし、前にも述べたとおり、朝鮮カルトは朝鮮カルトなのか?と言う問いも必要である。

(ID)知的計画? - のんびりPC(第2幕)

 

上記にはそうした疑いを書いてみた。

 

また、私がかつて聴いたり読んだ限りでは、例えばソフトバンクの孫氏などは、元々パチンコ財閥であるそうだが、テレビでは客家だと言っていた番組もあるようだ。

 

こうなると、日本を誘導しているのは、歴史的に、アメリカ人と華僑であるとの結論に近づいていく。

 

私がまだ若い頃、私の周りでは、背景トークとして、私に妄言を刷り込む者達の中に、かつて西郷隆盛(級の人物)が華僑に拉致されておっぱいが生えて帰ってきただとか、清朝復活をかけて日本からどうのこうのとか(こちらは勝っているはずなのだが)、色々、時代のずれたヘンな事を時々話していたり囁く人がいたので、個人的には、アメリカ人の誘導を受けているカルト、つまりアメリカの中国人などがややこしいのだな、と、勝手に思っている。そう言う人がロシア人ぶると、これは、アメリカ人を熟知しているわけでもない人には、ややこしい。

 

何か勘違いしていないかなぁ? - のんびりPC(第2幕)

まぁ、少し、女性差別的に書いているけれど、この時はなにせテストステロン値が低くて中性化していて野次に対しても敏感な時期だったのだろうね(笑)。

 

最近は、都会に中華料理屋が比較的増えていますが、私も変態ウォッチャーらしく2丁目でも覗いて見ようかと考えた矢先、スマホで殺すなどと話しながら立っているスーツ男性が近隣にいたような気がしました。私にはどこかのギャングかチンピラに感じられて怖かったですが、別に華僑に見えたとは言いません(笑)。