のんびりPC(第2幕)

真実は自分だけが知っている

お前が出兵しろ!!!

昨日はバナナなど食べ過ぎたので、セロトニンが過剰だったのか、大声を出すとのっけから女が泡沫を飛ばすがごとくに沸騰し、言葉が奇声になってしまう。

(少し裏声気味で、いじめにあって発狂しているゲロを吐いた小学生のようだ。)

 

まぁ、多少の神経かく乱も疑えるが、それは屋外では防衛するのが難しい。喋らなければよいのだが、そこかしこで、あるいは店内で、聞えよがしに、下手だよ、などと囁かれていると、腕をへし折りたくもなる。

 

何故、下手だと描いてはいけないのか?

(お前が何故独占しなければならないのか?)

 

誰か分かる説明できる人いるのかな?

 

マーク・ロスコが本当に何億もすると思える奴は頭が違うのかね?

(図地の多重的なヒエラルキーと言うのか、両義的な反転を含む矩形の構成でしかない。大きいから色彩に包まれるだの、暗視状況での残像効果や錯視効果に似ているだの、アメリカ型の巨大カンバスであって、ウサギ小屋では描けないし、中国人のような細かい手仕事で年を取ると厳しいと言う技術でもない、まったく金持ちの嫌味の塊のようなアートだ。残念ながら巨匠本人も早くに自殺している点でなんとも言い難い後味を残す。)

 

俺もいつかそうなったらいいな程度の政治認識しかないのが美術系の職人かな?

(実態は頭の中が封建で、政治思想は幼稚園児並み、ホルモン分泌が中性化した利己主義者の集まりでしかないのに、よりにもよって俺を差別主義者に仕立て上げる気なのか?)