のんびりPC(第2幕)

真実は自分だけが知っている

増えすぎと言うなら漢字を捨てろよバーカ!!!

晴れの日が続いたからか?

 

違う。

 

3日前、交番に木刀を所持したまま出かけたので、軽犯罪法違反の可能性を指摘されて同伴で家に帰ってきたからか?(精神科医が暗躍しているのか?)

 

(別に後で、市役所の空き地で素振りしようとしただけだが。)

 

鼻が詰まる。昨日はコーヒーを飲んだ後から。本日もしかり。

 

(豆の取りすぎか?トリプトファンからセロトニンが出来るので、何か関係しているのか?セロトニン過多は私は嫌いなので辛い。これが幸せホルモンと言うのなら、敗北者同然だ。)

 

目もモヤモヤするので、花粉だろうか?しかし、長年花粉症と言うほどでもない。ホセデルガード的な遠隔から生理バランスを変えるものが80年代後半から指摘されているので、その線が一番疑わしい。

 

猛り狂っていると”増えすぎ”だとか、”持ちすぎ”みたいなことを言って私の前を通り過ぎるものがまだいる。

 

だから、精神科にかからないお前は分からない!!!

 

漢字が一番いらないということが!!!

 

私は何を捨てるかと言われれば、漢字を捨てます!!!(仏教も)

 

精神科の投薬で潰さなければならないほど、頭のいい人が嫌われている時代です。寺の坊主でも性犯罪者になる時代だ。だったら頭がいいことはその人生からして不利な場合もある。つまり、漢字がいけない。そんな手先が器用な変態はテロリスト予備軍だと思われている。

 

(これは神経遮断薬を四半世紀観察してきたら分かります。)

 

漢字を捨てるべきだ。なぜなら、私は美術教育を受けて絵画について漢字に匹敵する素養があるから。ここでばらしたからって・・・公開性にしたって私と同じことをしない人には難しくて出来ないことで、ばらしたって私が経歴や能力を失うわけではない!!!

 

中国が要らない!!!

 

(私は、性的にもどこかおかしいのだから、参考例は、ボクシングとニューハーフ文化もある、フィリピンやタイであって、中国ではない。)

 

”鶏口となるも牛後となるなかれ”

 

と言う中国の格言に従って、中国を捨てますけどね。

 

※不細工だが頭はいいんですよ、と言うのが通用しない時代です。馬鹿でも悲しくないくらい見た目を良くするのが今日の消費文化や中国文明です。