読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりPC(第2幕)

真実は自分だけが知っている

共産主義者の東京

60年代(50年代だっけ?)のイスラエルキブツだの日本のカルト教団(?)ヤマギシだの。また聞く限りではキリスト教系修道院も出家信者はかなり近い。

 

中国系や朝鮮系カルトがこうも増加しているのを目の当たりにすると、共産主義ユダヤの”隠れ”がいるのではないか?と言う疑念を払拭できない。

 

米軍、自衛隊暴力団、また宗教法人そして東京都自体に。

 

それで私も長年、さして同情もされずに煽られ続けているのだろうか?

(周囲からヘンなブロッキング・ルールが敢行されているのだろうか?)

 

独身アパートの鍵が狙われたりするのはもう話したが、所有の観念がないものは恐ろしい。フェアな戦いにならないから。

 

最初から戦争を基準にものを考えている者だけが、その様な発想をしているのだと考えているので、もしそれでは平和憲法がおかしいと思う。

 

こうも話が通じない街。それは通常考えるような人間がいない街?(つまり、通常考えるような人権の概念が成立しない街なのだろうか。)

 

地域の70%がもしカルト教信者なら?(生活保護では、地域の70%がPCを持っていれば、それは受給者でも所有してよいものだ。)

 

こうやってアカに飲まれたりしていくのなら、それは卑怯な話である。

 

(そう言う意味で、米国診断基準に基くはずの東京都の精神医療が私を中国人のごとき扱いをするのが耐えられない。そもそも治療を拒否したい。責任を持って汚名を返上し、諸々の社会的権利を私に返還して欲しい。結局、書類に残らない形で疾病など加算されたりして妨害されるのがオチだから卑怯だ。)

 

創価学会と思しき勢力は常に流行において部外者の上になるように資源を流す傾向がある様なので、ここにいて私の暮らしはよくならない仕組みのようだ。こうして、望まない勢力の達成感や克己心は阻害されるか軽視されるのが東京都なのだろう。もはや親と同じ暮らしができない時点で、東京都にいてはいけなかった。ここは個人の一方的な資源集中を制御される街だ。決して豊かにならない。酷いと侵入されて真新しい製品に傷をつけられかねない恐怖を与えられる。

 

それでも諸外国よりは(下手すると他県よりは)遥かに豊かだから、と、人道思想上は問題ないのだろうね。

 

ミッションもクソも無い。金にならない奴は要らない、と言うルールしかない。見たくないもクソもない。金、金、金。金か奴隷。名誉やプライドにこだわるものを悪のごとくに言うが、それは家族を持つものの宿命じゃないの?

 

それは家族がいないものには勝てないね。常に、殺す、と言う音声送信、それも電波じゃなく空気の振動波で。そんな声を姿が見えない場所からのみ聴かされているのも、もう、2009年から確実に止んでいない。音量は随分と下がったけどね。

 

所有の観念が完全にない世界を考えてみると、水槽の中の脳だろう。それは。

あるいは、空気人形のような南米の人型UFO  。最近は聞かないけど。どこかのポルノ漫画みたいにパーツ組み換えスマホのごとく身体を作り変えてしまうのなら、自我意識も共有できるのだろうかね?一体その時、本人ログ的な人格はどこに保存されるのか?人工衛星

 

 ※ルーツを破壊するのは、循環が小さな奴隷人類を作るため?人生の意味など確かめる暇も無く、サイは投げられていて、今日を生きるのみ。頼みの綱も何か人生の師だのも無い世界だ。またやる気ないブログを垂れ流してしまった。何も文章にひねりも無ければ、面白いところも何も無い。しかし、怒りが収まらない。私自身は、ユダヤ系だの信用できないとしか言ってい無い。ロシアも嫌だし、マフィアも嫌だが、ポルノはいいよとしか。条件交渉をしてください。幻聴を聴かせて精神科送りでは納得しない。障害者にはならずに戦います。もちろん、マフィアとも、アカの軍隊とも。失点のついた混血児の腹いせにお前を障害者になるまでいびると言うのなら、ロシアとも戦います。マフィアとも戦います。死ぬよ、死ぬよ、言うがあなた外人でしょ?何で私の死に関係あるの?

 

 

 ※ずうっと、共産主義者の出発点、権力は悪、が受け付けません。原始共同体は、聖書のエデンの園みたいだし、そもそも、マフィアなど、末端は養子縁組だらけでしょう。だったら、全員、労働者にしてしまいたいのは、マフィアの本音であってもおかしくない。まやかしの論理じゃないかと、本を読むのも嫌です。