のんびりPC(第2幕)

真実は自分だけが知っている

縄文の逆襲3

まぁ、昨日のはてなのポータルで新着上位に上がったかしていて、偶然、見てしまったブログに

 

人の職業を笑うな
you can (not) find a vocation

2017-03-29
人類最強の視力「マサイ族」も、スマホの普及で視力が下がっているのだろうか

 

というのがあったので着想したことなど。

 

 

本日は、朝方、起きて部屋の掃除をするなどしながらタブレットを起動したら、WIFIのpswdの再入力を要求されました。この際にpswd文字列の途中は出てきそうな予感があるのにもかかわらず、最初の先頭文字列が浮かばないために途中の正確な文字列も結局は浮かばない、と言うもやもや的な状態になりました。

 

毎度のことですが、この時、トイレ的ストレス加算、もしくは、山口(?)系の野次的なものが飛びました。別に思考盗聴でも幻聴でも偶然でも何でもよい。問題は、この手の思い出そうとする際に何か環境ストレスが負荷された場合、言語的な記憶が発動しなくなる、と言うことです。一瞬で阻害される。

 

すると、脳の中では、次の刹那に、それなら、あそこのメモ帳に書いたのだから、隣の部屋のあそこの引き出しでも開ければ?みたいに空間的記憶、つまり映像が浮かぶんですよ。

 

これが問題です。精神科の薬や、集団ストーカ、幻聴、などで言語的な思考が阻害されるたびに、映像人間になっていくんですよ。デッサンをやった私は。

 

そして神経疲労で、つい食べてしまうのだけど、とにかく慢性疲労的な状態になればなるほど、映像優位になって行く。

 

それで絵を描きたいだとかそう言う話でもなく、そうであればこそ、私はマサイ族でもないが、時に東南アジアに最初に到達した人類とまで言われるモーケン族に関係した遺伝を持っていないか?と言うロマンを抱くのですよ。

 

昨今はアボリジニこそ最初らしいので、何だか門外漢では調べていないしよく分かりませんが、ともかくも、縄文人の血が入っていて、それがM7系統である私の場合は、明々白々たる事実として、スンダランド、タイ湾の沖合いにあったと言われる幻の陸地の血を引いているわけであって、すぐにもモーケン族は?と着想する。

 

モーケン族は、船に乗った洋上での視力が9.0と言われる人々らしい。そう言うブログも以前に見ました。

 

もしかしてこう言っちゃ何だが、視力の良い人は短期記憶などのチャンクが小さめなのじゃないのかな?世界中、マジカルナンバー7±2だから、下は5が結構いるわけであって、それは昨日とかの2母音問題。あるいはそれ+子音など。で、つまりアルファベット表記では、5文字だったりそれ以上だったり?とか安易な邪推まで飛び出すわけです。

 

神経も筋肉と同じで、鍛えれば鍛える程、発達するし、元々備わっている幹細胞で再生する部位も昔よりは知見が増えた。別に海馬だけじゃないらしい。また、脳の神経細胞ではDNAの組み換えがしょっちゅう起こっているとの記事もあった。つまり、昔と学説が全然違う。私が社会人大学を出た頃とも違う!!!

 

で、努力すれば、誰しも記憶力すら上がる可能性もあるかも知れないが、ともかく映像優位型人間においては、言語的な短期記憶がトレードオフになるのじゃないのかな?

 

と言う可能性について気になり始めています。思い返せば、私のいけすかないと思う、出来ればタイーホされたらいいのになぁ、とさえ思う明治学院精神科医もしくは福祉系の教授陣は、メガネ多いよなぁ、と(笑)。もう、それだけで二度と関りたくないですね(笑)。

 

いや、そう言うことではなくて、結局、何らかの行為の邪魔は、映像型人間化と言うことにしかならない。女性は子育てで割り込み処理が多いので邪魔ばかりされると女性化するということは無いみたいですね(※1)。いや、セロトニン優位で生理中の女のふさぎ込みからの回復過程的な感じに見えなくも無い場合はあるだろうが。ここに高圧な父親ブロッキングを繰り返すと、オナニー逃げでオカマになる可能性は、私を見れば一目瞭然だったのですが。

 

いや、アカは嫌ですね。結局、親がいない子供ばかりで、ネグレクトや教育剥奪で敵が誰かも分からなければ、容易に戦争ができたり出来なかったり制御が楽と言うことなんでしょう。いまもって共産主義者は人類の敵だ。

 

神話やその他、民族の歴史など、人類は見栄で嘘ばかりつくものだと言っても、その浄化作用として政権転覆や豪族レベルの戦争が勃発したのだから、現代はそれを法律で禁止している以上、おかしいのは浄化作用を司る機能の方であって、科学主義に揃えるなら、それはそれで、浄化作用の方も再検討しなければならない。これで平和憲法というのでは何だかおかしい。騙されているよ。

 

もしあなたが人類をやめるのなら、別に問題はないですがね。私は関われないし関りたくない。

 

yahooJAPANによると今日はゴッホの誕生日だそうです。昔、予備校で芸大合格者の色面の絵画を見たときは、いたく感服して、また影響されて、それ以外の表現が時代遅れの劣ったものに見えてしまい、ゴッホも毛嫌いしてしまった。

 

それで精神的ストレスなどでさぼってばかりで色面については直接習うことができなかったけど、専門学校で、留学経験のある芸大卒の先生に教わったら、その基礎原理であるバルールについて少し知ることが出来たので、(今度は逆に)ゴッホこそ至上、みたいになってしまい、もはや元の人間に戻れません。これは今もってそう。

 

映像人間化はこんなことが原因で、また、野次への怒りで高校時代のマーシャルアーツへの興味に回帰するのが原因だ。

 

どうしても眼がものを言う世界しか知らなかったので、無理を言わないで欲しいよね。社会人として真面目になればアートを捨てるだろうとかそう言う次元の低い話をしないで欲しいんだよね。もう、辟易するからさ。そう言う中途半端な軍隊的思考は私には合わないよ。ロシア人の暴言でしかないよ。

 

※1 女性と男性の違いについては、『ITRON標準ガイドブック’92-’93』のP63以降を参考にしました。コンピュータこそは初期の認知科学の研究成果の賜物なので、脳について考える材料としては出発点として最適でしょう。勝手に紹介していいか分かりませんが、私の場合は家庭内のコミュニケーションにおける惨状がこれで少しは改善されたものです。

 

 10:24オレンジ色の部分を加筆