読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりPC(第2幕)

真実は自分だけが知っている

直接説明してくれないと理解できませんね。

遠隔地の無関係の地域の人々にまで効力のあるメディアの研究なのだろうか。

 

爬虫類脳の誤動作を誘発する状況として、視聴経験のあるハードポルノと同国もしくは同族の人物と認識される人物がメディアに登場した場合、自動的に発動する潜在的なリビドーがあるのではないかと言う可能性について。

 

(こう言うものがネット上のステマであり、ある意味では、むしろ国防的な何かでさえあるのでしょうね。毎度、妄想ですが。)

 

空気の研究として、ネット上で”勘違い豚”を育てる研究がなされているとしか思えない。

 

最近も、殺意を向けてくる人が時々いますが、別に私はロシア人など一切知りません。どうしてロシア人を認めろだとか、ロシア人ぶる人が時々いるのでしょうか?

 

私の記憶の限りではこうです。こいつは下着に興味を持つ変態だから、誰が白人の血を引いているかとか、まったく教えなければ、その内、勝手に白人の血が入った奴に惚れて失敗をやらかして自殺するに決まっている。と、こう言う路線で小学生以来、やって来たと思います。その為に絵を推奨された可能性すらある。

 

ところが、2,3年~10年くらいの単位では、人はつらい事があると、神経症的に抑圧が起こるのか、特定の過去の経験的事実だけ思い出しにくくなったり、よく忘却します。環境ホルモンや神経撹乱の可能性もありますが、それはもう分からない。

 

こう言う事情で、二十歳ごろ、海外旅行して実際の白人を見るまでは、私は誰がどんなタイプの系統のアジア人か判断があまりつきませんでした。

 

実際の白人を見たら、スイッチが入りました。色々、この顔はあの白人の顔の癖と、結構、似ているから、あの白人タイプの薄割だろうな、とか推察できるようになって来た。

 

それで、日本の東京にもある、カルト教団を中心とした人種差別による職業排除などの傾向があることに気がついた。それで東京で頑張って暮らす気があまり無くなって来たのです。

 

そんなこんなで、近辺にロシア人が住んでいるという話はほぼ聞いたことがない。最近はテレビで北海道のニュースなど見た時に、そんな風な人物がいたり、こないだも電車の中にyoutubeで見た格闘家のようなロシア人が乗っていたような気がして、不思議な気分になるが、米系の人物かも知れず、まったく分からない。

 

ともかくネグレクト気味で親とも政治の話はしてこなかったので、ロシア人などと言うものは、メディアの通りに受け取って、敵に近い存在でしかない。

 

それを言うたびに”殺す”と言う声がすることがあるのですが、意味がまったく分かりません。私は、もし中国系や朝鮮系の血が入っていたと言う事実が新たに分かったとしても、すでにと言うか元々日本国籍なので、興味ないです。

 

また、学生運動の時代に東京がどうだったかと言うのも、東京の人からも親からもまったくもって聞いたことが一度も無い。確か記憶の限りでは、中心部に住んでいる人に、学生運動の時代の方が政治のことを真剣に考えていて真面目なんじゃないかと勘違いしていたのを、ばっかじゃねぇーの!!!と罵られたのを覚えています。それがちゃきちゃきの江戸っ子に近いとすれば、東京と言うのはノンポリしかいないのになぁ、と言うのが、私の過去の東京の感慨です。

 

だから、美術系の近くにいたからか、カルト教団みたいな人か、政治にまったく興味ない人しかいなかったのでその辺の事情は本当に知りません。美術系に在日系が多いと言うのも、成人して随分と失敗を重ねて精神病患者になってからメディアを通して知りました。

 

だから、東京を恨んでいるのもあるね。”東京の馬鹿野郎!”とはそのものずばり長淵剛に真っ先に言いたいです。

 

もしかして空手のことを言っているのなら、最近その辺りから野次が飛んでいるのだろうか?何度も言うが、ロシア人の空手なら、もう一生やらないよ。

 

(未だにそうとは思っていないのだけどね。ユダヤ系かも知れず、またマフィアの幅を利かす地域とも一部は関連もあるだろうし、米軍の前でも実演しているのだから、私には特定できないのだね。)

 

まぁ、江戸っ子は3代目から、と江戸時代だったか昔は言われたように、3代目の定着はならずに私はその内に離れて行きますよ、と言うオチになるのじゃないの。

 

仕方ないでしょう。私はそもそも自分が何ができるかが最大の関心事で(一生涯自分のルーツを追っている)、最新の知識は、ネット程度しか得られるものがないのだから、最後は有料の学術サイトか英語の文献しかない。精神病患者になってしまった私には、周囲はまったく期待できないのです。

 

変態だとかケツ野朗だとか言われるのも、それでどうして精神病で障害者になる理由になるのか理解できないのです。

 

だって、人工肛門になるくらいで無いとケツの支障で障害者の規定はないし、性同一性障害の治療などしていないから、その方面での精神科の受診可能性も低いし。

 

殺すならどうぞ、と言っているし、白人と殺し合いしても別に構わないですよ。

(「私を殺すのは構わないが、あんたさん、それは法に触れているよ。その覚悟があるのなら、別に私には止められないよ。何しろ一般人だから。」と言っているのです。反撃はしますよ200%)

 

かつては、その気で鍛えていたら、入院させられたのが実態のようなものですからね。ほぼ、それで挑発行為として、分からない!と言ってくる向きに対して、平然と、ポルノを見てるよ、と主張したこともあるね。世界中、脳幹は同じなので、同じ米系映画などのメディアが流されているのもあるのだし。白人が嫌いでも、ポルノを見たら、それは興奮するし、そんなことは若者が考えているより平気なものだよ。

 

違法なら、モザイクの入ったのにする努力をするだけでしょう。

 

ここ25年くらい野次に困っていることが多かったし、特にいい人生でもないし、性的にも逸脱傾向があってこれは治るものでもないし、精神科からどうやら抜け出られない国なので、殺し合いの話しは平気になってきています。そう煽られたら、そうなって行くだけでしょう。ともかくもそう言う話をする程度では。そう言う事情で私を騙していたと思しき在日系?のヤクザが嫌いだし、こうまで日本人をいびれる白人そのものも嫌いだし、謝れだの言ってくる大陸人も好きになれないね。

 

本当は白人を殴ろうとすると、神経遮断薬の量が増える日本の精神医療や、外国人風の家族に怒鳴り散らすと措置入院させたりする警察に一番失望してしまったので、あんまり人生に執着できなくなった。本当に、戦後はずっと、ミトコンドリアDNAがM7の人の為の国ではなかったかもな、と言う気分だね。

 

親があまりに無知なので、白人共は喜んで侮蔑代わりに権威主義を押し付けるのかも知れないが、思春期や青年期は比較的豊かだったので、私自身は、無学と言うほどでもなく、それ程馬鹿にされるのも心外だ。別に白人に殴ったり襲い掛かってもいいが、何度も言うとおり、措置入院させられるのがオチなので、自分からはしていない。

 

ペルージャでは、かつて二十数年以上前にへなちょこ走りして夜中にチェントロで飛び二段をしてしまい、イタリア人のガキにふくらはぎ落としをかまして、転びまくったが、その時も極超低周期電磁波の神経撹乱で外れたり、今になって経験しているような物質転送類似のプラズマだかサイクロトロン運動の関連の技術で外されていたりするのなら、これはもう化石人類と未来人くらい格差があるので、それこそ関わらない方が賢明というものでしょう。

 

私は自分で探してみるよ。おそらくそう言う技術は欧州においても当時は米軍の技術だったと思っているけどね。

 

こないだも自分の額の高さに左の内廻し(蹴上げ)をしてから右手で廻し打ちの掌打をする私なりのナイフ術のフォームをしていたら、何故かくるっと転倒したね。これも不自然だった。なにしろ、身体の柔軟性はそれくらいは平気なので。すぐ立ち上がったけど。

 

外国で人に殴りかかったのは本当に申し訳なかったが、何しろ精神病だかブレインジャックだか、とにかくもマダラボケ状態で、記憶が飛び飛びになりかかっていて、正気だったり陽性症状気味だったりハンチングしていたと記憶している。

 

それで案内役も、たぶん、日本に帰ってから、むしろ白人の仲間の証明もあって、ことさら私を罵ったりしたかも知れないね。

 

ただ、精神的な羽交い絞めの状況だったので、冗談抜きでそれは15年くらい頭痛の種だった。

 

まぁ、時にはスパイやその他、外国と疎遠になりつつある混血した人物などに向けてポルノの方は流しているのだろうけど、そんなにうまく目的の人物だけに流れるメディアは、未だに無いよ(笑)。私も米国式の民主主義や個人主義にはだいぶ騙された傾向があるので、どちらかと言えば多少は見る権利があると思っている方だけど。日本では、違法性があるものも、すぐに捕まらない場合があるらしいのは、触法している人が多すぎるのと、集団で共有したりせず、他人にあまり口外していない人、ダウンロードしない人、印刷しない人に限ってだと思っているけど。

 

ネット上は、大丈夫と言い切っているのもあって驚いたが、例外はあると思うので何も断言は出来ないでしょう。何しろかつてオウム教団のメンバーを捕まえる時は、テレビで見ていたら、駐車場の敷地に足が入っていたと言うのでも、不法侵入になったから、大勢が支持していれば、別件逮捕だのはよくある話しだし。(私はかつて、敷地内なら脅しに対してナイフを振り回して見せても捕まらなかったが、公道でカバンの中に100円カッターを持っていただけで捕まったので。それで筋トレに切り替えた時期もあります。精神病患者は本当に筋力で勝つ他に何も無いので。)

 

まぁ、私としては、治療法が無い医療事故などの為に一般人の興味と違うと言い張るけど。その為に、通信のプライバシーを侵害してホモだの殺すだのと言ってくる人がいるのは知っています。しかし、だからと言って、必ずしも、その人々が私の人生を改善してくれる分けではないのです。

 

精神科医の唯一言ってくれたアドバイスとしては、性の悩みは誰にもあります、だけでした(笑)。これは自分で耐えるか治せと言うことなので、何か参考事例を見るのは時に構わないでしょうかね。上記のルールに基き。実際に行動に移さなければ、しばらく大丈夫だと思うのだが。精神病患者なので、普通の人より、行動に移したら隔離されたりする可能性が高いもので。

 

その人の社会性が影響しているでしょうね。私自身は、自分のルーツ探ししかもはや興味が無いが。それ以外は、何か必要なことをしているだけだ。別に特にこの街に貢献しようだとか、そう言う考えは無い。自分の周りだけで限界だ。出来れば、税金とか年金を払う努力をしようと考えてみることもあるが、そもそも精神医療が不当だと思うので、そこまで忠義的である必要も感じない。