のんびりPC(第2幕)

真実は自分だけが知っている

白人から逃げて行く一部のアジア人?

現在の私の場合、幻聴はほとんど聴こえないと言っても、まれに、聴こえないから関係ない、とブログに書くと、聴こえ出す場合もあります。微弱な思念が沸く程度に。昨日夜頃?幻聴の主が遂に、私たちの本拠地はロシアだ、と言っていました。

(そのだいぶ後に、おそロシア、などと街路で声がしていたかな。錯視現象を見た後。これは勘違いかも知れないから詳しく書かないけど。)

 

あのぉ、自衛隊員でも、ロシアなどに情報を流した人は逮捕されるかそれ以上の目にあいますよね。二千年以降でも若干数えるくらいそう言う事件が無かった?

 

まぁ、そう言う事情で、現在の世界情勢に基き、私は別にロシア支持じゃありません。本人の自我意識は、ともかくも国籍上の政府の方針にわりと順応的にそう言うことでしかありません。両国で外交が復活し始めたと言っても。

 

本当に酷い統合失調症などの場合、あるいは発達障害などの合併があると、この手の幻聴で、異なる政治派閥を支持し出すのかも知れませんね。私の考えでは、国民は時に争いの場面では、結果的に人質かも知れないので、いや、人間の盾かも知れないので、そんなことは今日もスルーです。

 

現在の私はユダヤ系も特に意識していません。社会階層が中間階層近傍ですら無くなってしまった今、所謂わがままな民主主義支持層ではありません。新自由主義的改革路線でと言うべきか、予定調和の自分のアホさでと言うべきか、中間階層の地滑り的なモノが起きて低階層まっしぐらなので、もう、ユダヤ系などと言う言葉は月夜の世界です。

 

私は、精神的にトラブルを起して、お役ごめんレベルなのだから、今更外国人など特に興味もありません。ところが、野次は、相変わらず、分からないね、などと言っていたりするのは何故か?

(矯正をかけても治るレベルの年齢じゃないよ。)

 

思うに、私は小学校に上がるまで田舎で暮らしていた為に、かなり言語的な自我意識が固まってくるまで白人など見たことがなく、別に、精神的トラブルなど起した今、まったく白人がいない世界に戻っても平気です。それで、ずっとそんな世界ないかな、と時折探しているけど、無いですね。そして、毎度、分からない、分からない、と集団ストーカ的な野次で邪魔されます。

 

(きっと東京育ち等の人って、それがまったく理解できないのかなぁ?と、最近、疑うようになりました。)

 

真面目に味覚も嗜好品の傾向も違うとなると、似ていても一緒に暮らせない場合はあるでしょ。代謝傾向とか。何だとか。

 

まずね、ネグレクト気味の子供がいるというだけで、東京では、一部の者達にとって、”くれくれ星”から来た面倒くさい奴扱いにしかならないみたいだね。

 

頭部比率が大きめの社会的に奥手なチビとか、それでネグレクト気味と来ると、いっつも世間の真似ばかりで馬鹿にされて、循環が大きくなって来た中年期も越えて壮年期ごろ、やっと面白くなってくる。

 

(こりゃぁ、言ってみれば・・・結果的に・・・まるで東京都のスパイだよ。だから嫌われるんだろうね。)

 

まぁ、一般に酒だの何だのロシア人の娯楽は、そう言う循環を断ち切ってアホにするものばかりだものね。そりゃぁ、もう、なるべく関りたくないと思っているよ。

 

(そう言うことに気がついたら、皆、白人から逃げていくのが一部のアジア人だと思うけどね。)