のんびりPC(第2幕)

真実は自分だけが知っている

音感タイプと幻聴はたまた根絶政策と特殊脳

私は飲めない遺伝じゃないが、ノンアルコールビールでも連日飲んでいると、チクッと頭の芯に痛みが来ることがある。

(はて、なんでだろうか?)

 

たぶん、ノンアルコールと言えど、アルコール型の毒物のネガが混和化合物に形成されていて、免疫機構はその毒性のイリュージョンを検知するのかも知れないだとか妄想しています(嘘)。

 

ま、実際はアルコール基だとか足がどうなっているかとか、メチル基であれば甘い香りがするだとか言えば、これは甘い香りもしないわけでもないし、何かあるんでしょうね。昔、ビール飲んだ時、ゲロ吐きそうだった頃は、明らかにこれを毒と認識していたのだから。4,5回以上ぶっ殺してやりたいのを我慢して付き合って飲んで、ようやくある時期から、美味いと味や香りなどが先に来るようになった。

 

それはタバコを吸ってしまったからでしょうね。タバコは苦いのに吸ってしまって一回喉が痛くなるのを通り過ぎると、味や香りに転じてくる。そう言うことが起きるのを待たないと駄目なのか?と思っていたら、まぁ、だいたいそうだった。

 

それで頭痛もねぇ。また例のマイクロ波かな?とか疑うのはいいが、今日は筋痛が治っていないので運動は無し、と30分くらい寝ました。

 

すると、また、時間が経過して、そろそろ起きないとふざけているかと考え出した頃、どっかの主婦か何かが、分からないねぇ、だとか、厨房くらいのガキが、描けない、などと街路を通り過ぎていく。

 

(おい、おい、俺は過敏になっているんだぜ。)

 

まぁ、思うに、統合失調症の幻聴(音声送信)と言うのも、ある種のインディオに対する根絶政策として理解すると、絶対音感タイプなどを狙った攻撃である可能性を疑えないかと考えています。

 

出典は今明らかに出来ないが、一般に、田舎の人は絶対音感タイプで、都会で育った人は、相対音感タイプだと言われている。また、私の考えでは、白人の血が入った人、また、英語話者など、が相対音感タイプになる傾向があるのじゃないかと仮に考えて資料でも集めたいな、と今しがた思いついたところである(笑)。

 

まぁ、母語における母音の左右脳の受け渡し構造に関係するとすれば、田舎の日本語話者に絶対音感の傾向が出ても不思議ではないと言う推理からきているのだが、しかし、昨今のこの戦争手前かオリンピックかと言う物々しい騒ぎの中、ヘリだのドローンだの飛ぶ最中に野次を飛ばしていられるのだから、懲りない奴らではあるでしょうね。

 

絶対音感というのも、音楽など専門教育など受けたことの無い私でも、ハミングをして知りたい音と同じ高さを出せば良いとだけは知っている、と言うか気がついた。自動車がブーッと過ぎたら、まず、擬音でブーッを真似して、次にそれを覚えておいて、それと同じ高さのハミングをンーッとする。次に、またその感覚を覚えておいて、ハミングでドレミを口ずさんでみる。さっきのハミングと似た高さにくれば、それが自動車の音階でしょう。

 

私の場合はそれで7音階は出来るけど、それ以上、また、シャープだのフラットだの半音階は口ずさむのが苦手なので、正確じゃないしこっぱずかしい。でも、ただのドレミならだいたい合うよ。自動車は去年散歩中にやっていたらファとかドじゃなかったかと思うが、今、走っていないので分からないや。

 

まぁ、結局、学問などに興味が出てきてしまうのなら、最初に音楽くらいやっておくと良いのだろうね。私は、お絵かきなど好きだったので、他の小学生が4年生で描く絵をすでに3年生で描いていたので、発達が少しその方面で特殊に発達しているのです。

 

もちろん、右脳パン君だから、どちらかと言えば、自閉症回路的なお絵描き脳がそのまま無制限状態だったのかもしれないね。でも、小学5年生くらいには、漫画の描き方などを習得した看板屋の息子に圧倒負けする程度なので、天然系で技術はまったく無い。

 

つまり、このことは、おっとり型だとかマイペース型の証明だと思う。人格の基底がそう言うタイプの人物を結果的に脳疲労と言うか抑鬱状態でカルチャーショック喰らわせていたら、発狂したと言うだけでしょう。

 

だから、精神病の方もあんまり深刻に考えていないんです。本当に。

 

東京から出て行くかして、あるいは、音声送信や集団ストーカのあまりない地域へ行けば良いだけだ。もう、すでに世の中の争いは学習したので、発狂する要素も無い。あるとすれば、また、神経撹乱や音声送信だ。そして投薬。

 

いや、もしかしたら近日の更年期障害治療の薬が精神症状の発現をブロックしているだろうね。確実に。

 

まぁ、縄文人ばかり言いすぎると、いろんなタイプのネイキッドが目の前を歩いたりすることがあって、うーむ。と考えさせられることがあります。まぁ、それとなく下克上なのであれば、もっとのんびりした他県へでも行くだけですよ。そっとしておかないのは何故かな?

 

(文句だってここのコメント欄にでも書けば?)

 

まぁ、俺をいびってコンテンツを得ようとするのは止めろよ。俺はいまや貧乏人だし、お前らも貧乏人なら絵なんて描かないで漫画にしておけ。特殊脳化するのは間違いない。いや、俺は子供時代の特殊脳に設定が戻ってしまうので、サラリーマンと会話できなくなります。

 

 

 ※学問をやる前に音楽をやれと言うのは、ある種私のうそです。普通は音楽など勝手に耽溺すると、”間外し”など、元々の日本的なセンスがかなり翻訳回路的な外国風に変貌を遂げて行くでしょうし、サラリーマン的に組織で何かする性格じゃなくなる。でも、まぁ、すべての人に嫌われ嫌われ清々した後の人類としては、始原の力を求めて全分野探求せねばならないので、脳のキャパシティーと相談で多少の自然科学への興味として音波についても。