のんびりPC(第2幕)

真実は自分だけが知っている

どうせアジアの文化はジャンクフード

あなたは”チンパンジーの代理母実験”を知っていますか?

 

私が言いたいのは、昔、『人とからだ』とか言う図鑑に載っていたと思しき話で、例えて言うと、漫画家の鳥山明が、昔、著者近影として『Dr.スランプあられちゃん』の巻末にロボット風のイラストを載せていたけど、丁度あんな感じで、もっと酷くて、板切れにマンションの火災報知機のベルを2,3個貼り付けたような顔や身体の、授乳装置ですか?それで十分に機能すると言う話。

 

確か合図と共に、その単なるベルのような円形のおっぱいの表象を意味する形態の中心部の哺乳瓶のゴムみたいなものからミルクが出るというだけの仕掛けでも、チンパンジーは赤ん坊の頃からそれによって育てられていると、それを母親と思い込む、と言う紹介だったと思います。

 

私が言いたいのは、人間に近いチンパンジーでも、それくらいだから、日本やばし、と言うこと。

 

つまり、民族主義で育てていない最近の若者が、どんな育てられ方をするのか見ていれば、わりとアメリカ風の消費文化で育てられていて、白人の表象を平気で文化的母乳のように眺めている機会が多いでしょう。

 

何かあれば、白人の学者の医学書、心理学の本、など平気で読んで疑わない。

 

一般人はそれでいいかも知れないが、だんだん大人にもなって来ると、人により、個別のケースにまったく応えられない程度の代物と理解されもする。特に精神病の記述や実際の治療の胡散臭さを知るとこれは植民地経営の一角だと確信するようになります。

 

それでね。例えば、白人のポルノを見たからと言って、そう言う時だけ、わからない!とか言って来るのは、むしろ詐欺だと言うこと。CMでも白人モデルはたくさん起用しているでしょう。

(昨今、CMを見ると、白人の価格崩壊が起こっているかのようなモデルの扱いであり、実際の欧州などの差別的空気を少しだけ知っている私としては、何のだまし討ちなのかと恐ろしいことこの上ない近年の20年くらいでした。)

 

もう、民族主義を否定しておきながら、外国人風のポルノを止めるのは無理でしょう。それでも何か、マフィアが侵入してきてしまう、だの言うでしょう。

 

(だったら、つまり、我々は勝てないし弱いから止めてくれ、と言いなさい。教えないのは卑怯だ。)

 

そうでないのなら、これは傀儡か、移行文化の過渡期にもなる。

 

民族主義的な教育期間を置くと、必ず逆らいそうだから、とやはり教育剥奪や差別が起こるでしょうね。いや、しかし、実際に戦争になりそうだともなれば、例えばキリスト教など持ち出して宗教逃げするとか、今までの強面は何だったのぉぉぉぉぉ???的な感慨に至りますね。世界中、また日本は特に、食料をとっても輸入品だらけなので、民族主義は無理にせよ、まぁ、これでは軍隊が強いわけがないね。

 

私は社会人大学で、そのウェストファリア条約が出来たころの話としては、傭兵は弱すぎるので、国軍がぜひとも必要だった、と講義を受けたのだけどね。

 

(これは傭兵的な事情だ。しかし、あのムエタイ風やメキシカン風は、そしてロシア風は?米軍の転置配属で日本語勉強している韓国軍みたいなものですか?)