読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりPC(第2幕)

真実は自分だけが知っている

幻惑ビーカー星2

近日の思考を再編集しておこう。

 

神経網のうち、どの1/5・・・の幹がリアライズするかは、その時の現実との接触による。

昨日辺りで野次はぱったり止んだようだったが - のんびりPC(第2幕)

(リンク先の数学ガールについてのリンク参照のこと、また末尾の書き足し等も。)

 

剣聖持田盛二で言えば、最初のコテの振幅で止めるのが、神経遮断薬。

患者にゲンドウ・セック●が見られる(笑)・・・・ゲンドウとセック●の観念の分離の為、新たな動機の形成期間としても神経遮断薬で以前の循環を一刀両断。

 

単純なステップを強化して、環境因子や外敵の背骨の崩れを誘うのがテストステロン。

個人史の整理、犯罪等々との戦いの渦へ、いざ。

 

 

統合失調症は自我が無くなる病気です、と言うとある漫画の偏見について。

 

例えば、キャトルミューティレーション、あるいはUFO拉致を考えてみる。

 

突然の目も眩む閃光と共に拉致。その後、人体実験、宇宙人との対面等々に相当するイベント発生。そして、既存技術で言えば、精神神経科の電気ショックをかけて揮発性メモリーを飛ばして沈静化させる的なことをされたらどうするのか?

 

一時的な記憶喪失で彷徨ったりしないか?あるいは、犯罪捜査の初動が遅れるでしょう。

 

また、整形手術をした人が狙われた場合など、どうだろう?トロンの人が言う、机にも椅子にもチップが入る時代とは、ネットに繋がったアンドロイドとセック●するような時代かもしれない。つまり、多くの人がポルノ男優化、ポルノ女優化、するのじゃない?こう言う時代には、うっかり整形手術についての価値観が違う人の衝突に巻き込まれると、個人史の剥奪まで起こりかねなくないだろうか?

 

イメージタイプはカオス流を起しやすい。あらゆる循環に対して自分で、良し、と言えないと渦は消去できないものだ。イメージ送信がもし出来るのなら、例えばバイト中に異性の悩みなどの映像が浮かんだら、気に障るのが青年期である。

 

要求は、一日のうちの数時間のほぼ無音の静謐なプライベート空間。

(それ以上要求した覚えは無い。もう、二十年以上も野次が止まない。)

 

与件が同じなら、皆、生物は同じような迷路のくぐり方。偏差は確率論に吸収できる?出来ない?もはや自分がキチガ●ではないとは必ずしも主張していない。言ってみれば、迷路を設定した奴ら、あるいは迷路に細工した奴らが悪いのであって、自分が一方的に悪いとは言われたくないだけだ。

 

こんなことする奴許せない、と言う野次や幻聴を度々聴くが、不満があるのなら、例えその場で死んでもいいよ、と言っているのだから、直接言うべきである。対決姿勢は崩していない。例え変態であっても、変態を要求しているのではなくて、変態は医療事故により本能化し始めたことで、治し様が無いことだ。許せないのなら戦うだけだが、変態を正当化までする気はない。沈静化させる程度のことしか出来ないから、時々、思い出したようにポルノ見ている程度のこと。

 

昨日は御茶ノ水にいたら、A級犯!という言葉を聴いた。JR車内でも流れた病院での事件のことかな?はたまた、2度殺す為に助けると言う冗談か?また、本日は、絞首刑、と言う言葉も微かに幻聴風に。例え絞首刑になろうと卑怯な奴らに引き下がる気はない。亡命して音声送信(幻聴)が消えるなら亡命するしかないレベル。

 

要求は静かな時間。それ以上何も言っていない。

 

※正直、もう、うるさくないです。ただ、同じ人の声が継続して微かに聴こえるので、妙にイライラしますね。私からすれば、全然、逮捕もされてないじゃん、としか思えない。それで、件の数理についてだけど、複素関数を使えば、√5に出来るとか言う難しい私のレベルからするとまったく天上人のブログも読みました。極限を設定すれば、と言うことだから、それは閉じた系の場合でしょう(笑)。ひたすら振幅の中点へと計算し続けるのが神経系のホメオスタシスみたいなイメージだと、そもそも心臓の鼓動によっても、1/5・・・は収縮期があるみたいな勝手な解釈でお願いします。解釈の成立しないと捨てられた他分野のモデルを神経のモデルに私が勝手に利用しただけです。19:51

 

※文中の”一刀両断”と言うのは、治ると言う意味じゃないです。人生を無為に諦めさせられる、と言う酷くネガティヴな嫌悪の表現も含まれます(私の筆力がないのといい加減なのとで)。私の考えでは、この治療方法で完治する保証はまったく無いと思う。沈静化したら本人の気力で日記など書かないと昔のことは戻って来ないよ。つまり、解決できません。そう言う、半ば小説家タイプの自我意識に興味の無い人は、そう言う治し方は向かない可能性もあるね。あくまでも自己との対話が楽しい人。そう言う人だけの世界かも知れない、と最近になって気がつくようになりました。まったく、私の家庭の事情だこれは。本当に生々しい事故の記憶などで今更思い出したくないタイプの人の場合は、私の意見は参考にならない。私は、あくまで、ごくごく一部の孤独な物書きタイプ風の自我意識しか持ってないと勝手に思う。それは真似したり意図したものではありません。本当のところ音声送信技術があると厨房時代から囁かれているのが本当なら、物書きと言うのは、酷く一角千金の夢に踊らされた可哀想な人物かのように言われた事もあります。周囲で。それくらいものを知らない私がムカついたと言う事だろうけど。まぁ、無人島独りぼっち、と言う冗談が出るくらいの孤独な精神状態が好きかどうかですよ。私だって最初から好きだったわけじゃない。そっちの方が人は強くなると言う綱渡りです。まぁ、ここに書くのは、この周囲はセンサー縛りだよ。ほら、こんなに放埓にブログ書いても俺まだ死んでないでしょ?みたいな実証と言うか、そんな反動だ。野次への。青空ブログそのものですよ(笑)。いつ殴り殺されるか分からないし。最近は、すれ違いなどのささやきが、こいつは撃つ(打つ?)、に変わって来たよ。22:57

 

 ※電気ショックについてはあくまで可能性の指摘です。実際に確かめていませんが、記憶が飛ぶような落雷による障害もあるのだし、そうの方法で実際に妄想が消えると講義で聴いたので、私と同じような症状の傾向の人間にしてそうであれば、それは恐ろしいことだとの想像です。想像。精神科の手段の一つとして、それはあるかも知れないが、私は完全に拒否したい派です。私はギリシャ式よろしく循環こそは人類なれ。あるいは、インド式でも、半島、大陸仏教式でも。しかし宗主国が外国であれば、それ程こだわりもせず。2017/05/11