読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりPC(第2幕)

真実は自分だけが知っている

幻惑ビーカー星3

近日までの読み筋では、人類はある種の遺伝子の欠損によって誕生した特徴の際立ったパーソンを、随時、戻し交配する等して、好みのバリエーションを作り出した可能性が高い。つまりこの地上においては熱力学的な不可逆過程に逆らえないとすれば、後になればなるほどミュータントが増えるのが進化である。

 

そこで、その様にして膨れ上がった人類を束ねたある種の文化・文明においては、その体系維持の為の再生産過程において、情報統制≒コンテンツ制御もあわせて行われていると見て良いだろうと思う。

 

すなわち3つの力の行使による階層社会の実現である。それらは一般にこの地方では、教えない力、認めない力、働かない力、の3つであると都市伝説として背景で伝わっている。それぞれに理想的な民主主義社会におけるプライバシー権、そして経済活動における特許など、また選択権や投票権の行使、あるいはデモやサボタージュなど政治活動の自由に相当しないか?と言われている。あくまでも疑問符付、鍵カッコ付などで。

 

今後、戦時にもなれば、大量の難民流出に伴い巨大なインフォーマル・セクターの出現が起こり、それと並行するかのようなカジノ誘致など、強力な別の3つの力の出現とその集約が起こってくるかもしれない。すなわち某未来学者の言う富と暴力と権力の3つの力の集結である。もし、日本が存続する前提で行くと。

 

(ところで4/16~4/20あなたはどこに居られましたでしょうか?)

 

このような情勢においては、もはや我らがダイバーシティーも巨大なミュータント大サーカス、はたまたビーカー破壊となって、漢字奴隷インフレーションの渦に飲み込まれないことだけを祈りますね。