のんびりPC(第2幕)

真実は自分だけが知っている

反韓・反精神医療の原因、そして反日教育と言う鏡(左右反転像)。

母親が幼児期に両価的な態度を取ったりして、そこに幼児が情緒的な脈絡を見出せない場合など、人格発達がおかしくなるんでしたっけ?

 

私におきましては、この度、昨日のブログの追記した状況などにより、遂には両義的な揺さぶりに激怒した過去の自分の謎が解けてきました。また集団ストーカで逆に揺さぶる者達の犯罪性も。メディアの非道も。

 

親が子供の頃の寸劇で、つまり背景(すぐ傍)やバイモードで、”お前の本当の親は殺してやった”、”韓国人を馬鹿にする日本人は許さない”、とやったので、その記憶から、親の敵の話になると、どうも情念的、情緒的にうっすら韓国が嫌な感じがしないでもない。(また、将来はオカマだの分裂病だのと親に5,6歳の頃か9歳までには確実に言われていると思しき記憶があるので、精神病院と聞くと、こいつらはフェアじゃない!!!と激怒するのは未だにデフォルト設定だ。)

 

それで昔イタリアに行った時、日本人旅行者などに韓国人呼ばわりされてスイッチが入った。帰ってきてから、すったもんだあってから、自分は違うと言いたくて韓国人を罵り出した。それを精神症状にされてしまっていたかも知れない。

 

それでなのか、すっとぼけた親がさも教育的になのか、2011年以降、最後の退院以降、特に韓国のテレビを親が私の横で見るようになったりした。それ以前も、韓国のドラマの悪口を言うと、2009年ごろなど、向かいから、”何様のつもり?!”などと嘲りが飛んだこともあった。まぁ、それで、美術の知識は、一般人よりはあるから当然だと言いたくて、このブログのような戦いは激化の一途をたどってきた(韓国系のヤクザだったら、本当に敵かも知れないからだ)。

 

遂に私は、統合失調症に関する一部の学説のように発達障害気味なのでは無く、実際に間接的に両価的な態度を親が取っていることに気がついた!!!バイモードでの刷り込みでは、韓国人が本当の私の親を殺した敵で、現在は東京の一部のヤクザや左翼メディアそのもの、だったりするこの状況が全ての原因じゃないか!それを失念したり、再び自覚したり、ふらふらしながら無意識的に生きているのが原因だ。

 

こうなると、大陸中国や韓国における反日教育は、向こうの人がこちらに渡航して友好ムードを受ければ、両価的、両義的な揺さぶりになり、少しでも違うことが起これば、逆に激怒させると言う事態が起きかねない事に気が付いた。

 

よく考えれば、これはそもそもアジア全体の西欧社会に対するスタンスと言うか傾向でもある。

 

過度に接近しすぎないように、民族的な誇りを促されたり、時には陰惨な歴史を学ぶ。そして理想主義を信じて渡航するが、実際が違っていれば、ほんの些細な違いでも、大きく価値判断が傾斜する可能性は高い。私の場合は、そろそろ発病し始めていたので、本当に酷いところまで関係が崩れたから、ものを知らな過ぎたのと、西欧の社会は、そうしたことをおそらく長年やって来ているので、そう言う事態に陥った異邦人はすべて切り捨てに近いルールがあるからにべもない状況なのだろう。

 

こうなると、日本人は敵だと教育されて戦争を経験し、その後、平和になって日本人を認めようと言う事態に遭遇した人々は、ほんの少しのトラブルが大きく価値の傾斜を起す可能性があるのだとしたら、そもそも原爆投下を正義と主張してはばからない限りにおいて、それを糾弾することは不可能に近いと分かる。

 

おお、これは解決しない。国際社会はここまで。多くの戦争を肯定する国では、限界ラインがここまで。人間の器がこれ以上は、安全に機能しない可能性がある。

(私は一度壊れてもいる。いや、既に壊れていたのに行ったから駄目だった。)

 

出来ればこちらに来る人は改宗して欲しい、とあちらの人は思うわけだ(未だにそうかは知らないが)。そうでなくば、観光旅行、以上は、望んではいけないね。

 

これからは国際政治を軽視して行動するグローバルな勇者には安全装置をインプラントされる時代が来そうで怖いね(笑)。

 

※そう言う意味では、在日系韓国人の創始した空手で、韓国でも極真テコンドーを創始したヒーローなどと言う二重の逸話がある人物の極真空手は、かつて分裂して当然でしょうね。もちろん私の推測ですが。だって反日教育を受けてから国籍取得したり養子縁組したりして極真空手をやっていて、もし犯罪にでも巻き込まれたらテロリストになりそうだ(笑)。未だにGHQやマフィアが鎮座しているようなもの(笑)。これは悪い冗談だよ。私には、かつての喧嘩芸骨法の方が正義に見えることがあるのは当然だ。そんなに強くなりたいなら本来は日本の軍隊に入るべきなのに!!!これは本当に俳優空手!!!酷い!!!(笑)

 

※某市市議会議員は若かりし頃、ほんの少しの振幅で激高して蹴りが飛びました。反日教育でも下地にあったのでしょうか?まったくもって、ほんの少しの日本人の失点でも過大に価値判断が傾斜する人は実在する可能性があります(真顔)。